4480.2019年8月18日(日) エチオピアのダム建設がトラブルにならないか。

 今エチオピアがナイル川の支流のひとつである自国領の青ナイルに巨大なダムを建設中であるという。エチオピアと言えば、経済的に大分立ち遅れてアフリカ上位12か国の中でも、11位に位置してエジプトに比べても国民総生産額(GDP)で約1/5程度である。エジプトを古代から潤してきたナイル川の上流のうち、エチオピアのタナ湖に源流を持つ青ナイルとケニア・ウガンダ国境のビクトリア湖を源流とする白ナイルがスーダンで合流して大河ナイルとなってエジプトに恵みをもたらしている。その青ナイルに建設中のダムは、総貯水容量は世界7位となる巨大なもので、日本最大の岐阜県徳山ダムの貯水容量の100倍以上の規模だというから驚く。エチオピアにはこれほどの電力需要はとてもなく現在不足気味の電力をバイオ燃料に頼っていて、ダム完成後は自国で賄う他は、近隣諸国へ売電するようだ。

 現在ナイルのダム開発の利権がエジプトとスーダンの間で4:1の割合に両国間で協定されている。この現状に対してエチオピアが不満を述べてきたが、両国はこれを受け入れず、エチオピアは上流という優位を活かして借金をしてでもダム建設に踏み切ったものと思われる。2022年には発電設備が稼働すると思われるが、その後にナイル川沿岸諸国間で今後の開発、並びに利用権問題でトラブルが生じることが懸念される。

 以前にルクソールでナイル川を渡ったことと、スーダンで白ナイルと青ナイルが合流地点で囂々と交じり合うナイルを目の当たりにしたことがあるが、ナイルが双方の国に与える天与の贈り物の価値と効果には計り知れないものがある。エチオピアの新しいダム建設ではこれまで苦難を舐めさせられてきたエチオピアとしては、ダム完成後はそう簡単に折り合いをつけられる話ではないと思う。一方、エジプトにとっては新ダムの稼働によってナイル川の水量が変わり、ナイルの水量が仮に2%減っただけで、エジプト農民ら100万人が収入を失うと言われていて新ダムは頭の痛いことである。

 ヨーロッパ各国の間を縫って流れるドナウやライン川は沿岸国の大人の知恵により大きな争いにはなっていない。また、瑞穂の国・日本も水を必要としながらも自給出来ていることから水問題で対外的にもめることは避けられている。

 しかし、このアフリカのダム建設と水の問題は、ヨーロッパ諸国の相互互譲精神と話し合いで潜り抜けた先例のように上手にクリアすることが出来るか、些か気になるところである。

2019年8月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4479.2019年8月17日(土) 本のタイトルが長くなった。

 今日も朝から暑い。台風は西日本を通過して日本海へ抜け北海道方面へ向かっていった。幸い交通機関も動き出し、お盆休みを終えて帰る人々で交通機関や高速道路は混雑しているようだ。今日は甲子園でも高校野球4試合が行われ、ベスト8校が決まった。ただ、テレビのニュースでは熱中症の防止対策など、暑さ対策についてかなり細かく伝えている。

 さて、最近長い書名の書籍が大分出回って話題になっているという。山下泰平さんというブロガーが初めて出版された著書「『舞姫』の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に依存したので、20万字くらいかけて紹介する本」という長ったらしい名前の本がキッカケのようだ。最近では、同じような傾向がテレビ番組でも使われ、バラエティでも「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」なんて番組がテレビ朝日系列で放映されたという。この傾向には諸説あるようだが、出版不況で検索されやすいワードを盛り込み、題の差別化を図る傾向が強まってきたからだとある専門家が解説していた。

 今から3、4年前神保町のレストランで隣り合わせた作家の加賀乙彦氏と話し合った時、加賀氏から書名は短ければ短いほど良いと聞いたことがある。その時加賀氏はご自分の著書の中のベストセラーは刑務所内の様子を描いた「宣告」だと仰っていた。確かにこれならたった2文字だから短い。その折拙著のタイトル「南太平洋の剛腕投手」をどう思うかと尋ねたところ、まぁこのくらいなら良いでしょうとのお話だった。爾来本のタイトルを些か気に掛けるようになった。今取り掛かって年内、遅くも来春には上梓したいと考えている拙著も仮題は決まっているが、決定ではない。確かに最近全般的に本のタイトルはあまり短くないように感じている。前記のように時代の流れの中で変化が表れてきているのも事実である。決定的なことは言えないにせよ、書籍まで時代に左右されるようになってきたのかと感慨深く思っている。

2019年8月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4478.2019年8月16日(金) 2.26事件最高機密文書と天皇「拝謁記」の公表

 太平洋戦争関係のニュースは、昨日の終戦記念日とともに一応帳を下ろしたようだ。昨日NHKがスペシャル番組として放映し、ごく最近発見されたという海軍の最高機密文書について報道した「全貌『2.26事件』」を録画しておいたので、終戦とは直接関係はないが、戦争の遠因ともなった事件なので、今日じっくり鑑賞してみた。

 2.26事件については、どういうわけか近年メディアであまり取り上げられることがない。天皇が在位中に最も気にされた2つの事象とは、終戦とこの2.26事件だったという。それだけに日本史上最大のクーデターと言われ、その後軍部が天皇を神格化し軍国主義体制を堅固にして、ついには太平洋戦争に突っ走っていった経緯を考えても、反戦的な立場と反省からすれば、最もタイムリーな日時である事件勃発の2月26日前後に、メディアは平和志向の意味を込めて事件を取り上げるべきである。しかしながら、最近では事件が起きた2月26日前後にほとんど報道されることがない。その点について私自身不満に思い近年は2月26日になると毎年このブログ上に指摘している。メディアの不感症ぶりに失望し、このままでジャーナリズムは大丈夫だろうかと心配もし、少々呆れていたところでもある。終戦記念日にこのようなドキュメンタリーを放映するなら、どうして時宜を得た当日の2月26日前後に放映しないのだろうか。

 この最高機密文書は、比較的最近になって見つかった事件の重要な書類で、事件に当たって海軍内の動静や内幕について詳しく紹介している。天皇、陸軍、海軍がそれぞれの難しい立場でこのクーデターを鎮圧するに至った経緯を各方面の視点から明らかにしたものである。何しろ海軍内の6冊からなる部厚な詳細な記録文書だけに、よくぞこれまで機密が保たれ83年間も表に出なかったものである。

 2.26事件については、松本清張著「昭和史の発掘」に詳しいが、新たに見つかった文書との関連性についてはもちろん触れられていない。この文書で一番不可解なのは、事件前に海軍軍艦が東京湾に集結して内戦一歩手前まで追い詰められた状況にあったこと、戒厳司令部士官と親しかった青年将校との面会の事実、そして事件の1週間前に海軍では、岡田啓介首相、斎藤実内相、高橋是清大蔵相、鈴木貫太郎侍従長が標的にされていたことを承知していたこと、反乱軍の中核青年将校・安藤輝三大尉、栗原安秀中尉ほかの名前が把握されていたにも拘らず、それに対して海軍は何ら手を打たなかった等の疑問である。

 これほど貴重な資料はそうざらにあるものではない。これだけの重要な事実を知らないまま今日まで至ったということは、似たような革命的なことを企んでも世間には分からないままになることが今後も有り得るということになる。恐ろしいことであると同時に、メディアは伝えるべき情報を入手して、それが国家の平和と安全、国民の安心と安全に結びつくなら、即刻前向きに伝えるべきであると思っている。

 ところで、今夕7時のNHKニュースでは、NHKが昭和天皇との対話を書き写した田島道治・初代宮内庁長官の「拝謁記」を入手したと発表した。昭和24年から5年分もある。その中で天皇は太平洋戦争について悔恨の念と悲痛を述べられていた。軍部の勢いは誰も止められなかったと、また東条英樹なら軍を抑えられると信じて首相就任を認めたが、結局駄目だったと仰ったという。また、昭和27年サンフランシスコ平和条約が締結された際、お言葉の中に天皇は「反省」という言葉を加えたかったが、吉田茂首相が反対して入れることが出来なかったと述べたそうである。

 戦後74年になって新たに貴重な資料が見つかったり、プライベートな記録が公表されたり、今までこれほど長い間どうして表に出てこなかったのだろうか。他にもまだ真実が公になることが有るかもしれない。それだけに今公表された情報だけでもせめて確実に知っておかなければならないと思っている。それにしても情報というのは無限にあるものだろうか。

2019年8月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4477.2019年8月15日(木) 74回目を迎えた終戦記念日

 今日は74回目の太平洋戦争終戦記念日に当たる。今では戦争を知らない世代が増えて、戦争の本当の怖さや厳しさを知らない人たちが多くなった。それだから反戦とは言ってもどこまで本気なのか分からないことがかなりある。

 午前中に武道館で政府主催の令和最初の全国戦没者追悼式が行われ、今上天皇が初めてお言葉を述べられた。今対立している韓国では今日は日本から解放された記念日として「光復節」と呼んでいる。

 今日は西日本方面を襲っている台風10号とお盆の交通関係のニュースが大分多い。しかし、この1週間を見てみると終戦記念日があるせいか、やはりテレビでも戦争に関するドキュメンタリー番組が比較的多い。その中で12日にNHKで放映された「かくて自由は死せり~ある新聞と戦争への道~」を観ていてハッとなった。主役として紹介されたのが元司法大臣であり、鉄道大臣も務めた小川平吉で、1925年から35年まで「日本新聞」を発行して天皇制度の絶対護持を主張していた右翼政治家である。その平吉の次男・小川平二は自民党員ながらリベラルで学生時代に父親からアカは家の敷居をまたぐなと脅かされたという。その平二の娘がわが妹の亭主の弟と結婚したので、妹にとっては平二の娘は義妹に当たる。小川平吉はかなり個性の強い人物だったが、信念を曲げなかったのは、政治家として1本筋が通っていたと言えよう。意外な縁から改めて小川平吉を観察することになったが、昭和の初めには保守から右翼への風が強くなり、日本は中国へ進出することになった。それが、今日終戦74年を迎えた太平洋戦争に突っ込んで行った原因となった。日本新聞で浜口雄幸首相のロンドン海軍軍縮条約調印を天皇の統帥権干犯として厳しく追及し、その結果として浜口首相が暗殺される事態を招いたのにも、平吉には一端の責任があると思う。

 夜になってNHKスペシャル「全貌『2.26事件』」の他に、フジテレビ「アンビリバボー」で「実録不死身の陸軍特攻兵・・・9回出撃生還した男」というドキュメンタリー番組が放映された。後者については陸軍航空慰霊団のお供でビルマへ何度か訪れている時に、主人公・佐々木友次伍長の話はしばしば聞かされていた。その後本でも読んだ。その当時海軍の神風特攻隊の他に陸軍航空隊にも万朶隊という特別攻撃隊があると初めて知ったものである。佐々木伍長名誉の戦死と新聞に報道され、家族も外に出られなかったという当時としては屈辱的な生活を送ることになった佐々木伍長の家族は、周囲を気にしながら忍従の生活を送っていたという。佐々木伍長は第4飛行師団のパイロットとして終戦までフィリピンに留まり捕虜となった。戦後も生き延びつつ数年前に92歳で亡くなられたという。この種の話はあまり知られていないが、これからも華やかな一面ばかりでなく、隠れた真実もどんどん掘り起こして戦争を知らない世代にもっとアピールして欲しいと思う。

2019年8月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4476.2019年8月14日(水) 台風10号明日西日本に上陸か?

 この数日南方洋上を彷徨っていた大型台風10号がいよいよ明日西日本地方に上陸すると発表され、例年になくこの時期に日本中が大騒ぎしている。今はお盆休みの真っ只中でもあり、交通機関を始め夏の催事も対応に大わらわである。

 航空機は明日の大阪発着便はほとんど欠航と発表された。JR西日本では新大阪・小倉間の山陽新幹線はすべて終日運休を決定し、岡山、広島、山口県内の在来線も運休し、JR四国も在来線はすべて運休と発表された。不運にも折角のお盆連休の稼ぎ時に各輸送機関はみすみす顧客を失うことになってしまった。

 恒例の阿波踊りも後半の盛り上がりとなる明日、明後日の最終公演をキャンセルすることに決めたし、甲子園の高校野球も明日の4試合はすべて順延となった。更に毎年両陛下がご列席され武道館で開催される、政府主催の全国戦没者追悼式に出席を予定していた地方の参列者が、各交通機関のキャンセルなどで上京出来ず、気の毒にも欠席せざるを得なくなった。

 一方で関東、東京都内でもゲリラ豪雨がやって来たかと思うと、瞬時に青空が現れる変わりやすい気象となった。今回の台風10号には、日本中が振り回されている。西日本方面への大型台風の影響により、日本海沿岸各都市はフェーン現象により軒並み気温が上昇し、新潟県上越市では40.3℃を記録し今年全国で最高気温となった。こんな騒がしいお盆は異例で滅多にないことだと思う。珍しいお盆となった。

 さて、香港で「逃亡犯条例改正案」反対デモが日に日に激しさを増し、ついに香港国際空港内のデモとなり、搭乗客がスムーズにチェックイン出来る状態でなくなり、航空機の運航停止状態となり、昨日、今日の午後は2日間で計500便以上がフライト・キャンセルとなった。

 2月に始まった小さなデモが、デモのたび毎に参加者が増え、6月16日に実施されたデモには2百万人近い人が参加した。当初は行政府内の反長官派議員が法案改正に反対してデモを行っていたが、次第に若者が増えて空港内のデモ参加者はほとんどが若者になった。この空港内のデモ騒ぎに対して中国政府は暴力的なデモの一部をテロと非難し、デモ隊に対する威嚇を始めている。トランプ大統領がツィッターで平和的解決を望むと述べる一方で、中国政府はアメリカが背後でデモ隊を支えているが、内政干渉は止めるべきだと述べた。米中貿易問題の対立もあり、この香港デモも米中が絡む様相を帯びてきた。

 このような折に香港の裁判所は、今日デモ隊に対して空港利用妨害を禁じる臨時命令を出した。これでデモ隊は空港内へ入れなくなった。デモ隊はこれからどんな作戦で行政府に立ち向かうだろうか。

 それにしても何とか騒動を収めることが出来ないものだろうか。

2019年8月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4475.2019年8月13日(火) 10月から消費税10%へ値上げ

 月刊誌「選択」の購読料値上げのお知らせと請求書が送られてきた。お知らせには1975年創刊以来初めての改定だと説明している。2003年から同誌を購読しているが、確かにこれまで1度も値上げをせず、創刊以来44年間も郵送料を含めて12,000円の年間購読料を改定せずに発行し続けてきたのは、インフレを誘導するアベノミクスの下では珍しいと思う。ただ、来る10月の消費税10%への値上げの機会に実行しようというのは、値上げに便乗したものと受け取られかねず、読者を無理やり納得させようとの意図があると勘ぐられかねないこともない。だが、何でもかんでもしたたかに機会を捉えて値上げをしようとする風潮の中で、「選択」の場合は過去の長い据え置きの経緯から推して気持ちは理解出来るので、今回の改定はやむを得ないものだと思っている。

 出版社の値上げの言い分を考えてみると、仮に郵送料が創刊時100円だったと考えると年間購読料は10,800円(月額900円)だったことになり、それに10月からの消費税10%を上乗せすれば、現在の年間購読料は11,880円となってこれに郵送料を加算すれば、郵送料込みの新購読料13,200円は実質的には値上げとは言えないと思う。出版社にとって44年前に比べて特段利益幅が増えたわけではない。むしろ、過去30年間消費税分を負担していた点を考えると会社経営にとって重荷だったのではないかと考えられる。その点では、今回の出版社の価格改定の理由は納得出来るものであると思う。ただ、今後近い将来に再び消費税が値上げされたら、出版社はどういう対抗策を考えるだろうか。

 平成元年に初めて消費税3%が導入されたが、今や10%になろうとしている。だが、消費税を課している諸外国に比べて、日本の消費税率はまだ低い方である。今では消費税は、国家財政の重要な基本収入となっているのだ。OECD加盟国の消費税の平均は20.2%である。下表に示したように主にヨーロッパ、特に北欧のデンマーク、ノルウエー、スェーデンは25%でかなり高率である。

 

日本と諸外国の消費税率比較

国 名

VAT-GST(消費税)率

一般消費税収入の
全税収入比

一般消費税収入の
GDP比

オーストラリア

10.0%

12.4%

3.4%

カナダ

5.0%

14.6%

4.5%

デンマーク

25.0%

20.6%

9.7%

フィンランド

23.0%

21.1%

9.0%

フランス

19.6%

16.1%

7.1%

ドイツ

19.0%

19.4%

7.1%

イタリア

21.0%

13.8%

5.9%

日本

8.0%

9.2%

2.7%

韓国

10.0%

17.2%

4.3%

オランダ

19.0%

17.9%

6.5%

ノルウェー

25.0%

18.2%

7.7%

スペイン

18.0%

16.6%

5.3%

スウェーデン

25.0%

21.4%

9.0%

英国

20.0%

20.8%

6.9%

米国

州ごとに異なる

8.0%

1.9%

OECD平均

N/A

20.2%

6.8%

 

 日本の消費税は他国に比べてまだ低い。消費税の国の収入に占める割合が比較的低率であることが、国家財政を厳しい結果にして累積財政赤字が150兆円規模にまで膨らませている要因のひとつと考えられないこともない。諸外国の国家予算対消費税額を考えると、いずれ近い将来に再び大幅な消費税値上げの時期がやってくるのではないかと思われる。

2019年8月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4474.2019年8月12日(月) イエメンで新たな内戦が勃発か?

 噂ではちらほら聞いていたが、アラビア半島のイエメン民主共和国が大分荒れた状況下にあるようだ。紛争の種が多く存在するのか、独立後もしばしば紛争の起きるお国柄である。昨日あるテレビ局で内戦状態にある現在のアデンの画像を流していた。半世紀以上も昔1968年1月11日苦労を重ねたうえで、漸く独立直後のアデンに最初の日本人として入国し今でも灌漑深く思っている。アデンは地勢的に優位なアラビア半島の紅海の入口にあり、また石油が絡み難しい立場にある。長年に亘って宗主国大英帝国が利権を手放さず植民地として支配し、被支配国アデンは虐げられ、宗主国の圧力に耐えてきた。

 1967年11月30日アデンはイギリスから「南アラビア連邦」として独立した。私が入国するほんの42日前のことである。その後アデンはアラビア半島のイエメンに吸収される形でイエメン民主共和国となった。しかし、その後度々内戦を繰り返している。現在正式には国家の大統領は不在である。独裁政権だったサーレハ大統領が国内外の批判にさらされ、挙句に砲撃によって負傷したことから辞職したまま暫定大統領を名乗っているハーディー氏が主導するハーディー暫定大統領派と、亡くなったフーシ師を大統領に推していたフーシ派が対立している。ハーディー大統領派はアデン中心に、フーシ派は首都サヌアを中心に北西部を支配している。前者はサウジアラビアのスンニ派連合軍が支援し、後者にはイランが弾道ミサイルなどを供給して後ろ盾となっている。そこへ2017年に南部暫定評議会という新しい組織が立ち上がり国内の抗争はさらに泥沼化している。国内に三つ巴の対立・抗争が起きているのである。

 アラブの主導権争いを一層複雑にしているのに宗教紛争・対立がある。ご多聞に漏れずこの両者の背景にもスンニ派とシーア派の対立が見え隠れしている。

 昨日の映像にもアデンの風景が映し出されていたが、その細かい情景は今以て余韻が残っている。苦労して入国し、まだ砲弾の痕跡も消えぬままのアデンには殊更強烈な印象がある。元イギリス軍将校の宿舎に使用されていた、怪獣のような名の「ゲジラ・パレスホテル」のフロントにいて、勤務明けに街をガイドしてくれたムッタナさんは今どうしているだろう?

 ついては、今朝の朝日によると10日新しい南部暫定評議会が南部アデンの大統領宮殿や軍事施設を占拠したと伝えている。分離独立派の南部暫定評議会と暫定政権側の戦闘が7日から激化して民間人を含む70人以上が死亡したという。これまで暫定政権を支えるサウジアラビアと、フーシ派を支援するイランの代理戦争ともいわれていたが、アラブ首長国連邦(UAE)が支援する南部暫定評議会が介入したことによって益々複雑で混沌とした政治情勢になった。日本では一般にあまり関心を持たれていない国ではあるが、アデン独立前の内戦の実態について関心を抱き、多少学んでいた私としては他人事ではないくらい気にかかる。

2019年8月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4473.2019年8月11日(日) 紀貫之「土佐日記」を読む。

 今日からお盆休みに入った。早くも今日1日だけで、海と山の遭難死者が16人も出た。今まで個別にこんなに大勢の犠牲者を生んだ日は記憶にない。今日は「山の日」であるが、これ以上遭難事故が増えないことを願う。今年は長いところでは9連休の会社もあると言われており、本来なら各地で交通機関や宿泊施設が込み合う時期である。しかし、先日西日本を襲った台風8号、9号に続き、南方洋上に発生した大型台風10号の進路予想が連日のように細かく報道され、海外旅行を除いて巷ではバケーションも二の足を踏んでいる人が多いようだ。

 さて、先日現代に残る平安時代の三十六歌仙で、「古今和歌集」の選者、紀貫之による名著「土佐日記」を読了した。先に共著の1章「旅のあゆみ」の原稿に書いた内容の整合性を書物で確認したいと思い、これまで読まずにいた「土佐日記」を遅ればせながら通読した。原書はすんなりとは読めないので、当然解説を参照し見比べながら読んだ。

 読んでいるうちに新しい発見がいくつもあった。「土佐日記」は紀貫之が土佐国司を辞めて京へ帰る道すがら見聞した事象を、周囲の情景も交えて女性体の平仮名で書いたもので、特に冒頭の書き出し「男もすなる日記というものを女もしてみむとてするなり」はよく知られた文である。全文を通して国司の貫之ではなく、その女官が書いているように思わせているが、実際は貫之が綴ったものである。

 実は、この道中で55日間も日時を要したとは知らなかった。その後鎌倉時代になって阿仏尼が「十六夜日記」を書いた時、都から鎌倉まで16日しかかからなかった。当時土佐から都までの移動は22日が一般的と考えられていた時代に55日もかかっていた。何かそれなりの原因があると思ったが、「土佐日記」を読んで氷解した。何と土佐から京まで陸路ではなく、家族やお供を連れて海路を船で向かったのだ。海路ではいろいろなことがあった。海賊の出現、高潮による停泊などで港町に何日も足止めを余儀なくされた。淡路島南岸沿いに紀淡海峡を渡り近畿和泉に着いてから陸路を辿るかと思いきや、紀伊半島西岸を北上して大阪から淀川を上り、山崎へ上陸し都入りした。これでは55日間かかったのも無理もないと思う。貫之はその後相模、上総の国司を務めた後に東北地方の要地で国主を務めていた時に亡くなったと言われている。

 この佳作が生まれた背景を実際に著書を読むことによって知ることが出来たことは、大変参考になった。何事もそうであるが、やはり実物に触れてみることによって新しい知識を得て世界は自ずから開けてくるものである。また、今日「土佐日記」として知られているこの名著も、正式には「土左日記」というのが正しいそうである。現在鎌倉時代の長旅を知りたくて阿仏尼「十六夜日記」を読みかけているところである。その次は松尾芭蕉の「奥の細道」だ。

2019年8月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4472.2019年8月10日(土) 3日前に消失した自著原稿復元

 3日前にパソコンに保存していた筈の原稿が突然消えてしまい、せっかく脱稿間近に迫っていたドキュメント原稿が行方不明になり途方に暮れていた。私の力ではどうしようもなく、神頼みするより手がなかった。すぐにいつも世話になっているITコンサルタント小糸氏に連絡を取り、今日午後自宅へ来てもらった。私自身原稿消失の事態に煙に包まれたような状態だったが、小糸氏もどうしてだろうかとしばらく首を傾げていた。

 しかし、案ずるより産むが易しで、小糸氏はほんの10分ほどPCをチェックしていたが、私が知らないような引き出しから似たようなタイトルを見つけてくれた。その中のひとつを開けてみたところタイトル、頁数ともにまさに探し求めていた消失原稿だった。昨晩も夜中に起きた時にハッとこのことを思い出して落ち込んでしまった。それが再びPC上に現れたのだ。これでまた最初の頁から書き直す必要がなくなった。単純なミスで消えたものかも知れなかったが、嬉しかった。これで今年中か、来春には予定通り新刊本を上梓出来る。やれやれである。もう2度とこのようなバカ騒ぎは繰り返したくない。流石に小糸氏はプロだなぁと感心しきりである。今晩はゆっくり休むことが出来そうだ。

 さて、明日と18日合併号「しんぶん赤旗日曜版」に「8月15日-今言いたい 戦争は悪、愚かな行為」と題して園部逸夫・元最高裁判事と並んで、作家なかにし礼氏が戦争体験者として厳しい意見を吐いている。

 なかにし氏は私と同じ年で2003年同時期に日本ペンクラブにともに入会した。当時東京会館で行われた新入会員紹介の際、ずっと若い弁護士の菊間千乃氏らとともに壇上に上がったことがある。そのなかにし氏が最新刊「わが人生に悔いなし」をPRしながら激動の半生を振り返っている。氏は私の戦争体験とは次元が違うほど苦労され辛酸を舐めた。戦争末期から満州で生活し、父親はソ連の強制労働に駆り出されて病死している。満州から引き上げる途上で乗っていた列車がソ連軍機に機銃掃射を受け命からがらの逃避行を続けた。あの苦しい生活体験があったからこそ戦争に対する嫌悪感が消えず、戦争反対を信念にして、作家として何とか戦争体験を書かなければいけないと思ったそうである。日本国憲法に9条で軍隊を持たず戦争を放棄した条文に感動を覚えて、憲法を守り抜く決意を固めたと述べている。なかにし氏がこれほどまでに反戦の気持ちが強いとは今の今まで知らなかった。その意味から憲法改正を目論む安倍首相を批判している。今後は彼の言動を注視したいと思っている。

 なかにし氏が訴える言葉は同年代の我々にとってはもちろん、戦争を知らない世代にとっても反戦を訴えてくれると思う。

2019年8月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4471.2019年8月9日(金) 長崎「原爆の日」は灼熱地獄

 今日は6日の広島「原爆の日」に続いて、長崎に原爆が投下された記念日である。長崎市内の平和公園で行われた平和祈念式典で、田上富久市長は被爆者の詩を読み上げた後で、長距離核戦力全廃条約が失効されたことに鑑み、積み重ねてきた人類の努力の成果が次々と壊され、核兵器が使われる危険性が高まっていると指摘して、唯一の被爆国の責任として日本政府に核兵器禁止条約への署名と批准を迫った。だが、安倍首相は昨年、及び先の広島の平和祈念式典に続きこの問いに応えなかった。相も変わらず首相は被爆者の期待を裏り続けているのである。

 ところで、今年の夏の暑さは異常で、世界的にも近年にない突出した暑さのようである。暑さは日に日に強まっている。先月23日には埼玉県熊谷市で41.1℃の日本歴代最高気温を記録したというから、尋常ではない。都内だけでも熱中症による死者の数が45人となった。来年の今ごろはオリンピックもちょうど花盛りであるが、炎天下にどんなトラブルやハプニングが起きるか見当もつかない。選手や観客の中にも多くの熱中症患者が現れるのではないかと今から気になる。

 ついては、1964年東京オリンピックは、10月秋空の下に開催され暑さなどまったく心配することもなくスムーズな開催だった。その東京オリンピック・マラソンで優勝したエチオピアのアベベ選手に次いで銀メダルを獲得したイギリスのヒートリー選手が、3日85歳で亡くなった。思い出深い2020東京オリンピックを曾孫と観戦にやって来るのを楽しみにしていたという。金メダルを獲得したアベベ選手は、運転していた自動車事故が遠因とされているが、玉座を追われたハイレ・セラッシェ皇帝の秘蔵っ子だったこともあり、王制打倒派に睨まれ幽閉の後に殺害されたのではないかとの噂がある。真因は不明のまま41歳で亡くなり、銅メダルの円谷幸吉選手は27歳で自決した。メダリスト3人のうちヒートリー選手を除く2人が不幸な末路を辿った。華やかな裏面に隠れて不幸な一面もあるものだ。一方で、1968年1月9日円谷選手が自決した翌日アジスアベバでアベベ選手の甥御さんに会ったことも懐かしい。

 それはさておき、海外でもパリ市内では昨日42.6℃だったというから地球上いずこも異常気象だということが分かる。北極圏のグリーンランドでもいつもなら氷が固まっている筈が、その氷が解けて一面水になっていた。特にアジア、アフリカ、ヨーロッパでは雨が降らなくなり農耕地の干ばつによる農業、酪農への影響が懸念されている。このまま地球温暖化が加速すれば、先進国の人口減少とは反比例して2015年には73億人だった全人口が今世紀末には95億人と推定されているが、これだけ多くの人たちの食糧を賄うのは、極めて難しいのではないかと思われる。

 「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は、昨年10月地球温暖化が現在のペースのまま進めば、2030年から52年の間に1.5℃地球上の気温が上昇するとの報告書を公表した。地球温暖化が益々進み、生活面において厳しい局面が予想されている。この現状を改善すべく1997年に採択された京都議定書以後2016年に発効した気候変動枠組み条約について、トランプ大統領が「地球温暖化はでっち上げ」と身勝手にもアメリカ・ファーストの考えを言い出し、一方的に協定から離脱を表明したのである。温室効果ガス最大排出国の中国とともに排出量世界第2位のアメリカが、迷惑を被っている他国のことを一切配慮せず地球温暖化対策に背を向けている。これで食糧不足で餓死者が溢れるようになれば、それこそアメリカと中国にその最大の責任があると言ってよい。その両国が米中経済戦争を行って諸外国にはた迷惑の限りを尽くしている。この思い上がった2つの国がこの世からいなくなれば、どれだけ世界が平静に保たれるだろうか。

2019年8月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com