4394.2019年5月24日(金) 各国の選挙及び政治事情

 一昨日インドネシアの大統領選で敗れた軍人プロヴォ氏が、再選されたジョコ大統領を認めないとして国民にデモを煽り、首都ジャカルタ市内は暴動となり死傷者も出て一日中混乱した。5年前の大統領選でも敗れたプロヴォ氏は、敗戦後憲法裁判所に不正があったとして申し立てたが、結果は覆られなかった。今回も不正があったと選挙結果を認めようとしないが、得票率ではジョコ大統領の55.5%に対して。ポロヴォ氏の得票は45.5%で勝敗は明らかである。これを不満として国民をけしかけても無駄であろう。

 インドでも昨日総選挙の結果が発表された。有権者数が実に9憶人と言われ世界最大の選挙と呼ばれている。しかし、いくら国土が広く、有権者が多いにしても総選挙が実施されたのは、4月11日からである。あまりにも時間がかかり過ぎている。

 結果は、モディ首相が率いる与党インド人民党(BJP)が単独で過半数を確保して圧勝した。近年経済成長著しいインドは、5年前に州知事として経済発展させたモディ氏の人気と実績で、BJPが単独過半数を獲得し、モディ氏が首相の座に就いた。今回の選挙ではインドの名家ラフル・ガンジー総裁を戴く国民会議派が地方の人気を背に支持固めを図ったが、及ばなかった。ガンジー総裁はモディ首相を早速祝福したことでも、インドネシアに比べてインドは大人の対応だった。

 昨日の本ブログにも取り上げたが、相も変わらずイギリスがEU離脱について国家の態度が決められない。メイ内閣も内部分裂して首相も困惑していると思っていたところ、今日メイ首相は6月7日に保守党党首を辞任し、その後保守党党首が決まり次第首相の職も辞すると涙ながらに語った。

 ひとつ国内ですごいと思うニュースがあった。近くに住む将棋の羽生善治九段が、昨日公式戦通算1433勝を挙げ、永世名人大山康晴氏と肩を並べたことである。大山名人は当時69歳だったが、羽生九段はまだ48歳である。まだまだ記録は塗り替えられる可能性があると期待される。

 今日は日本中どこも暑かった。最高気温は高知県四万十市の34℃、東京は31℃でいずれも真夏日である。熱中症で倒れる人が多く、この暑さの中で明日全国的に多い小学校の運動会が気遣われている。次男の小学3年の長男もそうだ。何事もなければいいがと思う。

2019年5月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4393.2019年5月23日(木) 日本は「世界で最高の国」第2位

 「世界で最高の国」を選ぶ「ベスト・カントリー2019」という国際ランキングがあり、選び方が随分抽象的だが日本が第2位に選出された。このランキングは、トランプ大統領が卒業したアイビー・リーグの名門ペンシルバニア大学、U.S.ニュース&ワールド、そして世界最大の広告代理店BAVコンサルティングが2016年から毎年行っている。日本は初年度は7位だったが、その後毎年順位を上げてスイスに次ぐポジションを占めた。

 評価の対象は、「グローバルにどう認識されているか」「冒険性」「国民の権利」「文化的影響力」「起業家精神」「伝統」「将来性」「ビジネスへのオープン性」「パワー」「生活の質」などで、こういう基準だと日本はスコアが悪いと思われるのだが、意外にも高得点だった。

 因みに第1位はスイス、3位はカナダ、4位ドイツ、5位イギリス、6位スェーデン、7位オーストラリア、8位アメリカ、9位ノルウェーだそうだが、日本が2位に就いているのは、安全性が高いことが大分評価されたようだ。アジアでは断トツで嬉しいことではあるが、手放しで喜べないところもある。

 さて、EU離脱問題で揺れているイギリスでは、EU離脱か、残留か、相変わらず方針がはっきりしない。すでに国民投票の結果では、離脱が決定してその時期を待つばかりとなっていた。それが現実問題となると、関税問題や北アイルランドとアイルランドの親子関係が他人になる、など新たな問題が浮上して国内皆評論家となり、国としての毅然とした考えが分からない。議会では与党保守党と労働党が主導権争いで相手に難しい課題を突き付けている。そこへブレグジット(離脱)党という新党が大きな力を示してきた。離脱時期も再三延期され、今年10月まで決定は延期されている。

 近年のイギリスの国内統治力の衰えは、哀れに思えるくらいである。かつての世界に冠たる大英帝国の栄光は完全に消滅した。それは、この問題ばかりでなく、「船頭多くして船山に登る」の類である。24日にメイ首相は辞任を公表すると見られている。これではロヒンギャ問題の当事者であり、仕掛け人であるイギリスは、家庭内の騒ぎに取り紛れてとても外の問題までは手が回らないだろう。

2019年5月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4392.2019年5月22日(水) 愛車とまもなくお別れ

 このところ高齢のドライバーによる交通事故が頻発している。特に衝撃的だったのは、1か月前に87歳の元通産省高級官僚が池袋駅周辺で母子を死に至らしめた悲惨な事故である。老人は交通信号を無視して猛スピードで交差点に入り清掃車にぶつかり、そのとばっちりで自転車に乗っていた母子を死亡させた。外にも負傷者がいる。本人もケガをして入院していたが、このほど退院して事情聴取に応じていた。一見してとてもハンドルを握れるような人には見えない。杖をつきながらやっと歩いているように見えた。本人は、ブレーキを踏んだが停まらなかったと述べているようだが、警察はブレーキではなくアクセルを踏んだとの見方をしている。年を取れば勘違いもあるだろうし、身体が思い通りに動かなくなることもある。事前にご近所では、もう運転を止めると言っていたようで、本人もそろそろ限界を感じていたようだ。こんな状態で運転したのが不幸だった。

 警察庁でも認知症患者や高齢者で車の必要がなくなったら、極力免許証を返還するよう勧めている。

 私自身傘寿になったら車の運転を止めようと考えて昨年その80歳になったことと、今年免許期限が切れること、更に自家用車の車検が7月に切れるということもあり、6月いっぱいで車の運転を止めることにしている。妻は73歳でまだ運転したいと言っていたが、その間に一旦運転中止を決めながら運転して事故でも起こしたら取り返しのつかないほど後悔することと、乗る機会が減ったら費用が掛かりすぎる点を説得して運転しないことを不承不承納得させた。

 車の処分もいろいろ考えたが、金銭のやり取りなしに譲渡することがベターと考え、会社の山岳部の仲間に譲ることにした。

 車は便利であるし、車への愛着がないわけではないが、昨今高齢者の運転事故が多発していることを考え、無理しないことと、必要な時はタクシーを利用すれば事足れりと考えた。今まで自家用車として乗ったのは現在所有のフォルクスワーゲンが6台目であるが、一抹の寂しさを感じないわけではない。

 海外でもニューヨークで同地の公認会計士だった学生時代の友人とコルベット・スティングレイを共有していた。サイパンでは毎年1カ月20年近くも厚生省課長専属のドライバーを務めたこともある。ベルギーや、ハワイでもレンタカーを利用したことがある。

 これまで車でどれほどの距離を走行したかは分からないが、免許を取得して60年近くの間にかなり走ったと思う。来月妻と箱根へ最後のドライブを楽しんで愛車に感謝の気持ちでお別れしたいと考えている。あれこれ考えるとちょっと寂しい気もしている。

2019年5月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4391.2019年5月21日(火) 修学旅行に代わって教育旅行

 ここ数日来日本列島は激しい雨に襲われている。3日前の屋久島の豪雨に続いて、昨日から今日にかけて九州から本州南岸沿いに風を伴った雨が通り過ぎ、午後3時ごろまで雨は降り止まなかった。関東地方では今年最大の降雨量だった。

 3時から半蔵門の海事センタービルでNPO法人 JAPAN NOW観光情報協会総会が開かれ、その後須田寛・JR東海相談役が「観光と修学旅行」と題されて講演された。今取り掛かっている共著にも修学旅行について私自身触れているので、興味深く聞いていた。「修学旅行」という呼び方は、最終学年に旅行していた慣習からそう呼ばれているが、現在中高では2年生時に旅行することが多いので、「教育旅行」と呼ぶとは寡聞にして知らなかった。須田氏は国鉄時代の修学旅行実績に基づいて分かりやすく修学旅行と産業観光について話された。

 須田氏は産業観光についても意欲的に話された。修学旅行を「教育産業観光旅行」として、旅行中全員同行動の他にグループ単位で行動する際に産業教育として産業の現場で生徒たちに体験させたら実を上げることが出来ると主張されていた。精力的に1時間たっぷり講義され、随分教えていただいた。

 講演会が終わってから遅ればせながら「銀座ライオン」で開かれていた大学ゼミの懇親会に駆け付けた。12人ばかりが集まっていつも通り他愛ない話で時を過ごした。この後は7月に浅草公会堂に家族連れで集まることになる。今日参加していたチェリスト赤松晋さんが所属するアマチュア・オーケストラの定期公演会が開催されるのだ。ゼミの固い絆は相変わらずである。

2019年5月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4390.2019年5月20日(月) 消費増税に説得力はあるか?

 政府内や経済界には安倍首相が提唱したアベノミクスによって好景気とのムードがある。今年10月に消費税が2%アップされるのも国内総生産(GDP)が堅調に推移していたからこそ説得力がある。ところが昨今景気が下降気味で消費税値上げに関して、その根拠に一部に疑問が出されていた。日銀短観でGDPが下がれば考えなければならないと陰では心配していた。荻生田光一・自民党幹事長代行が消費増税を延期することも考えられると勇み足発言したほどである。仮にそうなると消費増税を実施し難くなると懸念されていた。

 今日内閣府は今年1~3月期のGDPを発表した。前期(昨年10~12月)に比べて、0.5%増えた。このままのペースで推移すると年率換算では、2.1%増となる。財務省はホッとしたことだろう。これで消費増税の裏付けが取れた。ただ、今回のプラス成長の要因は、大幅な輸入の減少によるものであり、手放しでは喜べない。それは、輸入の減少は、設備投資や消費など国内消費が落ち込んだことによるからである。

 政治家というのは、ずる賢いところがある。実質経済は決して明るいものではないが、この一時的なGDPプラスを消費増税の理由にこじつけたりするからである。

 米中貿易摩擦が大きくなり、今後GDPを押し下げる原因になりかねない。一方で、10月には消費税は間違いなく上がりそうだ。そうなると庶民の暮らしは益々厳しくなるだろう。

2019年5月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4389.2019年5月19日(日) 自然は怖い!屋久島で豪雨、箱根で噴火の兆候

 昨日から屋久島に50年に1度と言われるほどの大雨が降り、山中に避難していた300人余りの登山者が今日無事保護された。1993年に世界自然遺産に登録された直後に現地を訪れ登録の対象となった「縄文杉」に触れたことを懐かしく想い出した。自然は怖いと思っていた矢先に今日は箱根で噴火の兆候があるとのニュースを知った。箱根は4年前に噴火して、しばらく観光客が減少した。特に大涌谷周辺は立ち入り禁止となり、箱根ロープウェイも運転休止となった。箱根地区は小田急の施設が大分あるので、それらの施設に被害が及ばないことを祈るばかりである。

 さて、米中貿易摩擦が白熱化して、米中両国からの相互反撃が激しくなってきた。そのとばっちりが日本にも降りかかりそうで、少々心配している。元々アメリカの対中貿易赤字額が恒常的にマイナスだったことに加えて、世界最大の通信機器メーカーのファーウェイ(HUAWEI)がアメリカの国家機関に対してサイバー攻撃を仕掛けたとしてサイバー・セキュリティ上の懸念があるとされていた。アメリカは、ファーウェイへの部品提供を禁止する行動に出た。

 日本でもファーウェイとの取引を行っている企業がかなりある。彼らはこの米中貿易戦争により製造していた機器部品を中国工場からアジアの工場に切り替えようとしている。安倍首相は来週来日するトランプ大統領にすがって、日米交渉の場では懸念されながらも当面は厳しい対応を迫られないだろうと平静を装っている。

 こんな時に先般アメリカからミサイル・アラートなどを購入させられたうえに、何と今度は高性能の空対空ミサイル160発と関連部品を合計約350億円も買うことになったようだ。1発約2.2億円もする高価な買い物である。防衛予算として計上していたのかどうか定かではないが、こんな高価な防衛備品を買わされて安倍首相は、トランプ大統領のご機嫌を取っているのだろうか。これらのミサイルは先月三沢基地周辺で墜落事故を起こした最新鋭ステルス戦闘機F35に搭載されると見られている。この取引についてアメリカ国防総省が日本への売却が議会で承認されたと公表したが、日本では朝日新聞にちょっと載っただけである。こんな爆買いを問題視しないようでは、国家財政も細るばかりである。

 たまたま最近白血病の治療薬「キムリア」が健康保険に適用されるとのホット・ニュースがあったが、1患者に対して3,349万円の高額である。こんなに大判振る舞いをして健康保険組合の財布は大丈夫だろうか。

2019年5月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4388.2019年5月18日(土) 慶應「卒業51年以上塾員招待会」に出席

 毎年恒例の母校慶應義塾の「卒業51年以上塾員招待会」が、パシフィコ横浜展示ホールで開催され、最年少73歳以上の高齢卒業生が「みなとみらい」駅からぞろぞろ列をなして会場へ向かった。実は、昨日から右ひざが痛み出し、患部に湿布を貼っていたが、最悪の場合は出かけるのを止めようと考えていた。時間の経過とともに痛みが治まってきたので、予定通り出かけた。今日で6回目である。

 毎年母校がこれほど大きな規模で卒業生にこれだけ盛大なパーティを開いて歓迎してくれることは有難い。これこそ外ならぬ慶應ならではの心遣いではないかと思う。今日の参加者は5,900名だそうだ。長谷山塾長の話によると今年の公認会計士の合格者数は全国大学の中で、44年連続トップだったという。法学部1年生が司法試験に合格したり、慶應高校3年生が公認会計士試験に合格したなど驚くようなことも話された。

 100歳を超えた OBが2人も出席されたが、その内102歳の大先輩は、ステージでインタビューされた際母校の思い出を聞かれ、あまり多すぎて話し出すと1日かかるので、遠慮したいなどとユーモア溢れる元気な挨拶をされた。

 会場では、鵠沼の実家の近所に住んでいた高校時代の親しい友人・轟貞雄くんと帰る途次横浜駅まで一緒だった。よく存じ上げていたお母さんが数年前100歳を超えて他界されたが、そんな事情もあり広大な自宅を処分して、いずれ都内洗足に住んでいる娘さん家族と同居するような話をしていた。他の高校の同級生、ゼミの友人、山の先輩にも会ったが、皆こういう機会を大学が与えてくれることに感謝していた。本当に有難いことだと思っている。

 ステージでは、応援指導部男女部員やチア・リーダーらによる塾歌、応援歌など慶應ソングが終始賑やかに演奏されていて明るく楽しい雰囲気が溢れていた。来年もぜひ出席したいと思っている。

2019年5月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4387.2019年5月17日(金) HPを開設して13年目に入った。

 一昨日このHPを立ち上げてから13年目に入った。同時にこのブログを書き出して連続4385回になった。当初は無我夢中でいつまでブログを書き続けられるか分からなかったが、12年間1度も途切れることなく続けられたのは、基本的に書くことが好きだという気持ちがあったからである。中学3年生時に書き始めて高校3年間、2年間の浪人時代、大学1年時まで6年余り毎日日記を書き続けた実績があった。大学で登山クラブに入り、年中山に入っていたので、残念ながら書く時間が取れなくなって止めてしまった。そんなことから文章を書くことにあまり抵抗がない。それが今の仕事にも生きている。幸い友人、知人の間にもアクセスして読んでくれる有難いファンがいるので、これから何年続けられるか分からないが、出来るだけ長く書き続けたいと思っている。

 さて、今日は昨年に続いて「熊本城復興支援チャリティ・コンサート」が吉祥寺の武蔵野公会堂で開かれたので、妻と鑑賞に出かけた。お誘いをいただいた建築家の山本富士雄さんは、長年アマチュア・テノール歌手として仕事の合間に歌い続けておられる。今年も主催者として冒頭に挨拶された後、84歳の高齢にも拘らず、プロ歌手に伍して4曲も歌われた。会場も満席で最後まで拍手喝采だった。頭が下がる思いである。

 出がけに東横線に乗車して立っていると前の座席で読書していた若者が、どうぞと席を譲ってくれた。席を譲られたのは、今年初めてである。それも若い男性というのはこれまでにないことだった。その青年を見ていると一心に読書にのめり込んでいる。スマホではない。実はスマホ熱中派より読書家の方が、遥かに常識人であると思っていたが、渋谷駅で下車する時、改めて席を譲ってくれて助かったとお礼を言ったところにっこりしてどういたしましてと言っていた。彼も2度まで礼を言われて好い気分になったのではないかと思う。きっとこれからも高齢者やハンディキャップのある乗客には見て見ぬフリをせず、席を譲ってくれるのではないかと思っている。この件で今日は爽やかな気分になれた。それにしてもどうして若者、特にスマホに夢中の若い女性はシルバー・シートを占領して高齢者に席を譲ろうとしないのだろう。これでオリンピックを前に日本人の「おもてなし」「おもいやり」は大丈夫だろうか。

2019年5月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4386.2019年5月16日(木) 初めてのいとこ会をエンジョイ

 初めての父方いとこ会をいつも利用する新宿のホテルで行った。必ずしも正確ではないが、いとこは23名くらいいると思う。父が7人兄姉妹で兄弟が多かったせいもあり、いとこは多い方だと思う。しかし、その内もう大分冥界へ旅立ってしまった。年齢的にも80歳前後なので致し方ない。もっと若い時分にいとこ会をやっていれば大勢のいとこたちと一堂に会えたとの思いはあるが、その当時は皆現役として第一線で働いていたので、時間的な都合がなかなかつかなかったこともある。今では皆フリーとなったので、こういう時間を作ることが出来たわけである。今日集まったのは7名だった。最年長は91歳で父の姉の長女である。大分腰が曲がっていて耳も遠い。それでも血を分けたいとこ同士であり、思い出話が尽きないほど後から後から聞かされる。この次の機会があるかどうかは分からないが、その折はまた出かけて思い切り子どものころに帰ってみたい。天候も良く楽しい一日だった。

 今年初め韓国の文喜相・国会議長が天皇さえ従軍慰安婦に謝罪すれば、この問題はすぐにも解決すると軽薄、かつ天皇に対して非礼な発言をした。日本から反論が出ると平素からの持論だと開き直る始末である。この発言を捉えて河野太郎外相が「韓日議員連盟の会長まで務めた人間がこのようなことを言うのは、極めて深刻だ」と述べた。これに対して韓国外交省が遺憾だと抗議の意を表明した。これには相互に誤解があったようだ。その誤解とは河野外相が述べた「人間」という言葉について、韓国では「人」ではなく、「輩」というように侮蔑的な意味に受け止められているという。これに韓国世論が反発したらしい。

 日本語とハングル・韓国語は、素は同じ漢字から発展したにも拘わらず、似て非なる意味や使い方があるようだ。例えば、日本語で「親日」「愛人」「病身」「内外」は、ハングルではそれぞれ「日本統治時代の対日協力者」「恋人」「間の抜けた人」「夫妻」と解釈するそうだ。これでは誤解もやむを得ないのかもしれない。外国に対しては、言葉の意味と用法を十分考えたうえで話さないとこのように誤解される恐れがある。

 それはそれとして、政治家として国の最高に近いポジションにいる韓国国会議長の発言は非常識であり、あまりにも度を超していてとても教養ある人とは思えない。

2019年5月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4385.2019年5月15日(水) NPOの観光シリーズ出版

 午前中共著「令和の観光」出版に関する打ち合わせを麹町の海事センターで行った。出版社の交通新聞社顧問と執筆担当者併せて7名が出席され、今後の予定が凡そ理解出来た。今月末までに初稿を提出し8月末ごろの出版のスケジュールを確認したところである。その席上中心となっている須田博JR東海相談役から新たな提案がなされた。須田さんが中心となって出版された「産業観光100選」が発行以来10年になるが、同書では主に国内の産業観光を取り扱った。来年は海外の産業観光を中心として同じシリーズとして発行してはどうかとのお話しである。大いに結構なことであり、今取り掛かった「令和の観光」に続いて来年もNPO法人JAPAN NOW観桜情報協会の出版として世に出せれば、観光NPOとしての活動を一層アピール出来ると思う。須田さんには頭が上がらない。

 午後3時に開催の日本ペンクラブ理事会に出席した。質疑が行われたが、問題になったのは、先の理事選挙執行部による理不尽な行為があったことである。3月開催の理事会で問題を提起したが、今日の理事会でも解決に至っていない。問題は会長以下執行部役員が先の理事選挙で選挙妨害行為を行ったことである。これに対して執行部の回答は相変わらず問題の本質をよく理解していない。現状では大山鳴動ネズミ一匹になりかねない。今後総会の場で会員へ現状を訴え、何らかの責任を取ってもらいたいと考えている。

2019年5月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com