ブログ・ご意見番の意見

 充実したホームページに仕上げていこうと、毎日目を凝らしながら取り組んでおります。書き続けてきたおかげで、奇しくも74歳の誕生日に当たる2012年の「文化の日」に連続2000回を、15年7月31日に3000回を数えました。ここでは、出来るだけポジティブな意見や、気軽な独言、時には戯言を書き込んで、自分の気持ちを素直に表わしながら楽しく読んでいただけるよう心がけたいと思っております。意見の主張というより、感じたままを日記風に書き綴って参ります。身勝手な意見や、独断的な表現も見られると存じますが、どうぞご理解下さいますようお願い致します。皆さまの忌憚のないご意見をお寄せいただければ有難く存じます。

ブログ一覧

3723.2017年7月23日(日) 作曲家平尾昌晃さん逝く

 作曲家として、またかつてはロカビリー歌手として名を馳せた平尾昌晃さんが、肺炎のため一昨日亡くなられた。私は平尾さんとは同年齢であるが、妹の連れ合いとは湘南学園中学、慶應義塾高校で同級生だった。同じロカビリー歌手だった山下敬二郎やミッキー・カーチスらとは異なる道を辿り、歌手生活から作曲家へ華麗に転身し数多くのヒット曲を世に出し成功した。作曲のジャンルも多彩で、幅広い層から愛される数々の名曲を提供した。

 布施明「霧の摩周湖」、小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」「わたしの城下町」、五木ひろし「よこはま・たそがれ」などの名曲の他に、アニメのヒット曲「銀河鉄道999」まで、その生み出した歌の数々は多くのファンの心を掴んだ。畑中葉子とデュエットで歌った「カナダからの手紙」もヒットした。20代で肺結核に侵され、信州で転地療養したことから音楽人生が変わったという。才能に恵まれていただけに、生きていればこれからもまだまだ素晴らしい曲を世に出してくれただろうに、惜しまれてならない。

 同世代人が1人去り、2人去って寂寞の感を憶える。これも時間が確実に過ぎ去る証なのだろうか。

 今春小学校へ入学した二男の長男が、昨日所属しているラグビー・スクールの試合でトライを取ったと嬉しそうに電話をかけてきた。大いに褒めて激励してやった後に「おじいちゃん、どこかへ連れてって?」とおねだりしたうえで、「アメリカへ連れてって!」ととんでもないことを言い出した。ディズニーランドや、大阪のユニヴァーサル・スタジオまで遊びに行ってよほど楽しかったのか、二男の入れ知恵でもあったのか、何となく本場のレジャーランドに行ってみたいという気になったのかも知れない。しかし、小1では海外旅行にはまだ早いし、孫は今年ダメなら3年生になったら連れてってくれる?と言うが、こちらはその時80歳になっているので、とても面倒は見られないだろう。一緒に旅行したい気はあるが、とても身体が持ち応えられそうもない。

 若い時にこそ外の世界に触れるべきだと若い人に大いにけしかけ、自分の体験から拙著にも散々書き、実際一昨年夏には高1になった長男の息子をサンフランシスコに連れて行ったが、残念ながら小1の孫はあまりにも幼いし、対応する自分の体力にも少しずつ自信がなくなってきた。

 それでも今年9月にアウシュビッツ収容所へ行く計画を立てているが、そろそろわが「海外武者修行」人生も幕引きの時が近づいているような気がしている。半世紀を超えた海外武者修行についてまとめてみたいとの構想を持っているが、まだ漠然としている。だが、いずれ集大成として1冊の書にまとめて上梓したいと考えている。

2017年7月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

3722.2017年7月22日(土) 日本橋の上の高速道路を水面下へ

 こう毎日暑い日が続くと好い加減うんざりする。例年より暑いとか、猛暑日が何日も続くのは初めてであるとか、各地の高気温が誇張気味に報じられている。実際朝起きて外を見ると青空ばかり見えて今日も暑そうだと観念する。

 昔の夏は近年のようにこれほど暑い日照りの夏ではなかったような気がする。世界的に地球温暖化傾向となってきたことが最大の要因だが、同時に海中の水温が高まってきたことも大きい。サンゴのような海底の生物が白化したり、南洋に生息していた魚類も北上し、生態系が変わりつつある。

 その地球温暖化を防止しようと国際的に取り決められた「パリ協定」から、トランプ大統領のアメリカは、早々に離脱してヨーロッパ諸国を中心に各国がアメリカと距離を置くようになっている。その内向き志向「アメリカ・ファースト」を振りかざしたトランプ大統領の政権内に、また新たな不協和音が生じている。

 トランプ政権の顔であり、広報担当だったスパイサー報道官が、就任後僅か半年で唐突に辞任することになった。トランプ大統領がロシア疑惑に対するスパイサー氏の対応に不満を抱いたことが原因のようだが、トランプ氏は6月にもコミーFBI長官を解職し、今また政権の重要なスポークスマンである報道官まで辞任に追い込んだ。政権が大統領の気まぐれな一挙手一投足によってふらふらし、政権内の足並みの乱れが簡単に露呈している。世界のリーダー国が、足元をぐらつかせているようでは、これから益々世界の動向が心配になる。

 さて、最近すっきりしたことが2つある。ひとつは、日本橋の上を走っている高速道路をオリンピック後に地下へ移設するというのである。水面下に道路を通すのだから、工事も費用も大変だが、現在の江戸の象徴をスポイルしている高架道路を目に見えなくするという改造計画は大賛成である。江戸時代から日本の起点となっていた日本橋の橋の上を車が走っている光景はどう見てもいただけない。お江戸日本橋と長い間日本人に親しまれていた、その起点の上を車の洪水が走り抜け、折角の風情が丸つぶれである。大分先のことになるが、少しでも江戸時代のムードを取り戻せるならこんなに結構なことはない。

 もうひとつは、このほどJRを始め鉄道各社が、構内のエスカレーターの片側を歩いて昇る人のために空けた状態にすることを止めて、片側も人が普通に立ったまま利用することをPRするようだ。大いに結構ではないかと思う。最近エスカレーターによる事故が頻発していることもその中止を呼びかけた原因のひとつである。デパートやスーパーなどエスカレーターを備えている他の企業も右へ倣えするようだ。

 今までも私たちの周囲には納得出来ないことが数多く見られたが、良かれと思うことは、どんどん前向きに変えることを進めて欲しいと思う。

2017年7月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

3721.2017年7月21日(金) 先輩ジャーナリストの突然の旅立ち

 一昨日同じNPO「JAPAN NOW観光情報協会」に所属し、親しくもしていただいた元朝日記者の加納隆さんが腎臓がんのため亡くなられたことを知った。6月中旬に腎臓がんであることが判明し、今月2日に入院して2週間後の16日に亡くなられた。一般に腎臓がんは中々判り難く、判った時にはほぼ手遅れと聞いていたが、あっという間の旅立ちだった。

 5月のNPO総会でお会いした折に、同じ物書きの先輩として私がペンクラブ理事に選出されたことに対して激励していただいた。これまでメディア内外の話題についても何かと教えていただいた。先月にも私が知る元朝日記者について新聞に新しい仕事ぶりが掲載紹介されたので、メールで連絡したところ一向に反応がなく、おかしいなとは思っていた。まさかこれほど体調が悪かったとは考えてもいなかった。

 NPO「知的生産の技術研究会」の季刊誌「知研フォーラム」最新号に、セルビアの友人山崎洋さんについて書いた拙稿を載せたので、加納さんにも興味を持っていただけるかと思い、その小冊子を郵送したばかりだった。加納さんの天国への旅立ちと行き違いになり、残念ながら読んでいただけなかったのではないかと思っている。今まで3度開催した拙著出版記念会には、必ず出席していただいた。まだまだ加納さんだからこそ持っておられるお知恵を拝借したいことがいっぱいあった。もう加納さんを頼りにすることは出来なくなってしまった。お付き合いは20年にも満たず、そう頻繁に会ったり話したりするほどではなかったが、信頼出来る畏友であり、知友だった。

 加納さんは私より1歳年長であるが、最近しばしば同年代の知人の訃報を知ることが多くなった。親しい友人の場合は、特に悲しく寂しい気持ちになる。友人たちにそんな気持ちを与えないためにも、私自身もそう容易く来世へ行くわけにも行かない。分かりきったことだが、健康が大切であることを充分自覚して健康維持に努めていきたい。

 加納さんのご冥福を心よりお祈りしたい。

 実は、今日も整形外科に通常の健康受診をして来た。ちょっとCRP数値が上がったことと、憩室炎の疑いがあるので、ステロイド性の薬プレドニンを現在の5mgから4mgに変更することを検討したいと松本医師が仰った。来月1日に毎年恒例になった慶応病院で人間ドックを受診するので、松本医師とは、慶応の医師から総合的な話を伺ってから結論を出そうということになった。

 さて、今日も相変わらず暑い。フェーン現象のせいで日本海側が特に厳しい暑さに襲われている。兵庫県豊岡市で37.4℃、富山市では37.2℃の猛暑日だった。その暑い最中にやはり暑い名古屋で行われている大相撲名古屋場所で、横綱白鵬が大関高安を破り歴代通算勝数、大関魁皇の持つ記録1047勝を追い抜いて1048勝を記録した。これからは勝てば勝ち星を重ねる一方なので、どこまでこの記録を伸ばすことが出来るだろうか。白鵬は大相撲の記録をほとんど塗り替え、優勝回数も38回を数えるが、まだ32歳という年齢から考えて、優勝回数、通算勝ち星もまだ伸ばして行きそうである。まだまだ期待出来そうである。

2017年7月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

3720.2017年7月20日(木) 安倍政権、及び自民党支持率低下の原因

 今月2日行われた東京都議選で自民党は惨敗した。これで1強多弱の地盤に胡坐を掻いていた安倍政権の支持率は大幅に下落した。俗に支持率が30%を割ると危険水域と言われているが、第2次安倍政権誕生直後の2013年4月の世論調査では68.8%もあった支持率が、今や29.2%にまで急降下した。昨今益々評価を落としているトランプ大統領ですら40%前後である。

 その原因はいろいろ挙げられているが、やはり1強という幻に甘え切ったせいだろう。やりたい放題にことを進め自民党議員が増長し、官僚のトップ人事まで内閣官房が決めるというから、政官の垣根がなくなり官僚の間にも「物言えば唇寒し」の空気が生まれているらしい。しかし、思い上がって支持率を失ったことは、反って自民党が謙虚に出直すためにも良薬ではないだろうか。

 不人気の原因としては政権内の閣僚の言動が大きく影響している。今最も疑念を持たれているのは、国家戦略特区の獣医学部新設に暗躍して加計学園認可に動いたとされる山本幸三・地方創生相である。どう考えても関係者の声を聞く限り疑わしいものであり、山本大臣がいなければ加計学園獣医学部認可は考えられなかったように思われる。

 24日、25日に国会閉会中審査に安倍首相が出席するようだが、常々首相は丁寧に説明すると言いながら、これまで一向に明快な説明をしていない。森友学園問題にせよ、加計学園問題にせよ、安倍首相がどっぷり深みに嵌まっていたのは明らかである。

 例えば、3年前行われた加計学園職員へのアンケート調査では、獣医学部新設に対して職員の間では圧倒的に反対意見が多く、「アベを使うなどのやり方がきたない」と加計理事長と安倍首相との特別な関係によってゴーサインが出されることに極めて拒絶感が強い。内々には2人の密接な関係とその成行は早くから不審な目で見られていたのである。

 これら反対の声を押し切って、加計学園獣医学部新設計画が進められることにどうしても不審感を抱かざるを得ない。明らかに加計学園と安倍首相との関係がずぶずぶだったことが判る。

 もうひとり支持率低下に協力したのが、自衛隊南スーダン派遣部隊の日報を非公表、また隠蔽に関わったと疑いをかけられている稲田朋美・防衛相である。日頃から弁護士らしからぬ稚拙な答弁に終始している稲田氏は、森友学園でも虚偽の対応をした。今また持ち上がっている自衛隊PKO派遣隊の日報が亡くなったり、現れたり、それを公表しないことを承認したり、その情報を聞かなかったとか、答弁が二転三転してまるで訳が分からない。森友学園に続いて、またも虚偽の説明をしている。同僚議員も稲田氏の言動が評価を下げたと指摘するほどひどいものである。

 来週安倍首相がこれらの疑問にどう国民を納得させる説明をしてくれるのか。これによって首相への信頼が良くもなり悪くもなると思う。その意味では安倍政権は鼎の軽重を問われているのだ。首相には、国民のことを考えてもう少し真面目に、謙虚にことに当たってもらいたいものである。

2017年7月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

3719.2017年7月19日(水) 久しぶりにリクルート事件を考える。

 今日北九州を除く西日本地方から関東甲信へかけて梅雨明けとなった。このところ晴れ続きであまりにも暑く、もうとっくに梅雨は明けていたと思っていたが、今日まで空梅雨だったのだ。今日で東京の真夏日は連続15日になった。梅雨明けと同時に土用の入りとなった。今日は丑の日である。ウナギを食べたいところだが、脂っこいものは控えるよう医師から忠告を受けているので、残念だがしばし我慢せざるを得ない。

 駒澤大学公開講座も今日が前期最終日である。山田岳講師が講座「体験的ジャーナリズム論」で、先週まで力道山と出身地北朝鮮、及びヤクザ社会との付き合いについて3回に亘って興味深い講義をされたが、今日は共同通信記者として比較的現場に近いところで取材されたリクルート事件取材体験を話された。特にリクルートが疑惑から事件に変わった転機は、何と日本テレビが賄賂の現場を撮影したテレビ放映だったという。リクルート・コスモス社松原社長室長が衆議院議員会館内の楢崎弥之助議員室で、楢崎議員に500万円の札束を手渡す場面がテレビではっきり映像化されたのである。それを実行したのが、親しくさせていただいている菱山郁朗・元日本テレビ政治部長で、菱山講師から数年前この駒大の教室で観せてもらったものだ。

 あの衝撃的なビデオ画像が、後にロッキードと並ぶ戦後の2大疑獄事件となったリクルート政治事件にまで発展する証拠となったとは、意外でもあり、同時に10年間受講した駒沢大公開講座の印象に残る講座のひとつである。

 山田講師は、汗かきで講義中タオルで汗を拭き拭き、終始情熱的に話される。内容的にも臨場感を伝えてくれて興味深い。前期はここで一応の区切りだが、9月以降に楽しみを持ち越せることになった。

2017年7月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com