4449.2019年7月18日(木) 京都アニメ・スタジオの放火で死者多数

 今日午前驚愕すべき猟奇的な事件が京都市内で発生した。京都市伏見区内のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ社屋内で放火事件があり、時間の経過とともに死者が増え、夜10時現在現場にいた社員76名のうち、ほぼ半数に近いの33名の方々が亡くなられた。犯人は41歳の男でよほどこのアニメ会社に恨みを抱いていたと思われるような言葉を吐いていたようだが、まもなく火傷を負ったまま身柄を確保された。容疑者は事務所内へガソリンを撒いて火をつけたという。事故や災害でなく、事件でこれほどの死者が出たというのは近年記憶にない。今後捜査が進めば事件の動機や全容が解明されるだろう。それにしてもどんな理由があるにせよ、酷いことを冒す男がいるものだ。

 さて、今年上半期の第161回芥川賞と直木賞受賞者が昨日発表された。芥川賞は今村夏子さんの作品「むらさきのスカートの女」に、直木賞は大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」に与えられる。2つの賞とも女性作家に授与されるが、最終リストに残っていた候補者は、芥川賞6人が全員女性だったし、直木賞にしても5人中3人が女性だった。そういう意味では、女性が受賞すべく受賞したと言える。近年女性作家の活躍が目覚ましく、これからは一層女性作家の進出が見られるだろう。ただ、2003年下半期に2人の女性受賞者、「蛇にピアス」を著した20歳の金原ひとみと「蹴りたい背中」を書いた19歳綿矢りさが選出され、当時最年少と話題になったが、はっきり言っていずれも興味を持って読んでみたが興味をそそるような作品ではなかった。どうしてセックスばかり描写するような作品に、文学界最高栄誉を与えたのか理解できないほどだった。

 プロの作家としては著作が売れなければ、いくら賞をいただいても名誉だけに終わってしまう。その意味では、作家生活を継続していくためには、ある程度自作品が読者に好まれ売れなければプロ作家としては苦しい。その点で今期受賞の2人は今後どう面白く、売れる作品を書き残すことが出来るか鼎の軽重を問われるわけである。

 偶々今朝の朝日新聞インタビューの中でやはり直木賞作家の林真理子さんが、ユニークで面白く応えている。著書「野心のすすめ」の中で、野心や努力の大切さを説いた。毎朝散歩の途中で、若い男がチェーン店で牛丼を食べているのを見て、そのつまらなそうで覇気がない姿に、野心も欲望も薄いと日本の将来を心配するというものである。この遠因に本を読まなくなったことがあると断定する。面白い見方だと思う。確かに若い人たちは読書をしなくなった。電車内で本を読んでいる若者の姿がめっきり減った。日本文化が退廃しなければ良いがと林さんならず気になる。

 ところで、芥川賞と直木賞の発表は、かつては毎年3月と9月に行われていたと思っているが、昨日はまだ2か月も早い。なぜだろうか。

2019年7月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4448.2019年7月17日(水) 駒大講座で浅沼委員長暗殺事件を想う。

 今日は駒澤大学ジャーナリズム・政策研究所公開講座前期日程の最終回である。共同通信社山田講師が21日投票の参議院議員選挙について話された。その中で首相には衆議院解散を決められる専権事項が与えられていると話された。首相にはウソを言っても許される発言があるという。つまり解散をすると言っても解散しないことは許されることの他にも、2つのウソをつくことが許されているという。

 他の2つとは、①公定歩合引き上げと、俄かには信じられないが、②東京地検特捜部の強制捜査、だそうである。そう言われてみれば時折なにやら怪しいビヘイビアが見られることがある。

 その後朝日の向井講師からは自身の体験を含めて過去の衝撃的なニュースについていくつか話された。そのひとつが、1989年朝日社長引責辞任に追い込んだ朝日記者による沖縄のサンゴ損傷事件と、1960年10月12日発生した浅沼稲次郎・社会党委員長暗殺事件だった。いずれもよく覚えているが、とりわけ後者には思いが深く、今日も浅沼委員長の面白おかしかった講演の印象について私から話をした。

 安保条約改定の半年ほど前に浅沼氏が慶應日吉キャンパスに来られ、学生に向かって凡そこんな話をされた。「戦争が好きで人殺しをやりたい人はアメリカとの条約に賛成して戦争に行って勝手に死ねば好い。だが、戦争なんか大嫌いで、戦争なんか行くたくないという人は、社会党とともに安保に反対しよう」。この前後にライシャワー駐日米大使と藤山愛一郎外相の大物スピーカーも相前後して日吉に来られ、これからの日本にとって必要な安保条約改定に賛成するようスピーチされた。安保闘争が学生運動となり、国民運動となった時代に学生生活を送れたということは、学生として国家観と世界観を養ううえでも勉強になった。その点で今の学生には気の毒だと思う反面、彼らに残念ながらあまりエネルギーを感じない。

 私の話に向井講師も耳を傾けてくれた。時折若い時代にのめり込んだことを懐かしく想い出すのはノスタルジックに過ぎるかも知れないが、それも良いものだと思っている。

2019年7月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4447.2019年7月16日(火) トランプ大統領の人種差別発言

 今日も朝から小雨が降り肌寒い陽気である。本当に今年の夏は天候がおかしい。

 こんな時だから明るいニュースがあれば気持ちも晴れるのだが、驚いたことに放言王のトランプ大統領がまたしても人種差別的なヘイトスピートで批判を浴びている。トランプ氏は、彼に対して批判的な民主党の非白人女性議員に「帰って壊れた国を直すのを手伝ったらどうか」と述べた。翌日には、「アメリカにいるのが嫌なら出て行って構わない」と同じようなきつい発言をした。トランプ大統領が標的にしたのは、プエルトリコ、ソマリア、パレスチナ、アフリカ系の4人でそのうち3人はアメリカ生まれだという。かねてよりこの4人の民主党議員はトランプ氏の移民政策を強く批判している。トランプ氏の人種差別者にして過激な性格は、モラル的にも問題があり国のリーダーとして最も似つかわしくないと思う。トランプ氏はこうも言っているのだ。「彼女らは政府が完全に混乱し、世界で最も腐敗し、機能していない国から来ているのに、地球上最も偉大で強いアメリカの人々に対し、政府はこうあるべきだなどと大声で罵倒している」。ここまで言うか。これはもう普通の神経では言えないほど破滅的な発言である。

  トランプ大統領の人種差別思想は今に始まったことではないが、ここまで来るともうぶつぶつ言わずに、はっきり非白人は駄目だから文句を言わずに、すぐこの偉大な国から出て行けぐらいのことを言って、これを良識あるとする「アメリカ・ファースト」民族がどういう対応をするのか見てみたいものである。トランプ氏と同根のアメリカ人も恐らく数多くいることだろう。

 現状を見る限り、トランプ氏の差別発言も酷いものだが、これを容認しているアメリカ人も相当いかれていると思わざるを得ない。

2019年7月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4446.2019年7月15日(月) 加齢とともに俗世界から逃避する傾向

 昨日旅行業界に詳しい知人の弁護士から暑中見舞状をいただいた。そこには古希を迎えた知り合いから正月に年賀状をいただいたが、今回を最後に以後の交信謝絶を宣言されたことに対する気持ちが書かれていた。「全ては『気』が重要なのだ。交信謝絶されようが、賀状等を送り続け、多少は怒らせて白寿超えをめざしていただこう」と結んであった。意気大いに結構である。私も近年毎年のように私より若い友人知人から、翌年以降年賀状を遠慮させて欲しいとの年賀状をもらう。今話題になっている引きこもりは、こういう自分自身の小さな後退現象から起きるのではないかと気になる。結局外の世界、友人たちとのせっかく長年に亘って築いてきた友情や、交流の機会を自ら断ってしまうのだ。新たな情報は入らなくなり、いずれ友人らは離れていく。だんだん寂しくなる老境に歯止めがかからず、気が付いたら周りに誰もいなかったということになる。自らをひとりぽっちに追い込んでしまうのだ。

 明治維新成った明治元年、明治天皇が「五カ条のご誓文」で「智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ」と誓約したように、外へ外へとの気持ちと行動を表すことで日本は世界へ船出して行った。それなのに船出する人が減少しているということで、人間として退化してしまうのではないだろうか。ましてや、今や人生百年説が広がりつつある。その弁護士さんには、これからも前向きに手紙や文章は書き続けて本も読んでいきたいと賛同する返事を送った。

 少子高齢化が進むにつれ、日本社会は多様に変化している。厚生労働省の人口動態調査で分かったことであるが、その影響は亡くなった人の死因にも表れている。全体的に老衰で亡くなる人が増えた。他に死亡の原因がない老衰はいわゆる自然死である。その老衰による死因は、第1位のがん、第2位の心疾患に次いで第3位になったそうである。明らかに高齢化の影響である。

 さて、今日は「海の日」であるが、生憎小雨まじりの天候で空はどんよりと曇っている。海水浴どころか連日の雨空、曇天の影響で気温が上がらないうえに、日照時間が少なく1日当たり僅か3時間以下の日が今日まで連続19日も続いている。これは1963年の連続17日の記録を破るものだそうだ。海水浴場やプールの人出が例年の1/5 以下というところが多い。農作物が被害を受けて野菜の価格も高騰している。普段は気が付かないことであるが、やはり自然の異常変化は怖いものだとつくづく思う。

2019年7月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4445.2019年7月14日(日) 中国本土と台湾間に高速鉄道

 音楽が好きな妻が長年趣味としてコーラス活動を続けている。今日所属するコーラス・グループの先生が教えている8つのグループが今年傘寿を迎える恩師を祝って記念公演会が、横浜みなとみらいホール・小ホールで開かれた。妻が所属しているグループ「コーロ・ブリランテ」は1967年に8つのグループの中で最初に結成された。何年かに1度公演会があり、都合がつけば私も会場に出かけていた。男声合唱団、女声合唱団、混成合唱団とあるが、それぞれ特徴があり、それなりに聞き惚れさせるところがあり、3時間をエンジョイすることが出来た。

 「コーロ・ブリランテ」も古手のグループになったので、皆さんそれぞれに高齢化へ突入したようだが、健康が許すならこれからも続けたら良いと思っている。

 さて、中国経済が発展するにつれ中国政府の少々強引な商法が目立ち、特にユーラシア諸国に対する「一帯一路」計画がひんしゅくを買っているようだが、中台統一へ向けた中国本土と台湾を結ぶ鉄道建設が計画されているとは寡聞にして知らなかった。2016年に中国の5か年計画に盛り込まれたという。福建省福州から同省平潭島まで橋を建設し、島から台湾本島まで約130㎞は海底トンネルを建設する計画である。青函トンネルの海底箇所は23㎞程度であり、ドーバー海峡のユーロトンネルですら50㎞である。果たして中国の現在の技術力で130㎞もの長距離区間に亘って海底を掘削することが可能だろうか。中国としては、「京台高速鉄道」と名付けて北京発の高速列車を早ければ来年にも走行させたい計画のようであるが、これはとても無理だろう。。

 問題になっているのは、すでに始まった橋の工事で平潭島まで建設が進んでいるようだが、トンネル工事が本当に始まり、完成することが出来るかどうかということである。現在台湾独立志向の蔡英文総統はアメリカへ急接近しているうえに、米中対立の政治的な影響からアメリカも中台統一の動きに対する中国政府への警戒心もあって、中国の構想がそのまま実現される可能性は不透明である。単純に願うのは、中国が力を背景に台湾人の意向を配慮することなく、中国ペースで強引に鉄路を敷設しないことである。

2019年7月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4444.2019年7月13日(土) 近くて遠い日本と韓国

 6日のブログに書いたように、日韓関係が急速におかしくなっている。率直に言って韓国政府の対応に少々配慮に欠ける点があると思っている。日本政府は今月1日に韓国に対して半導体材料の3品目に対する輸出規制を強化し、併せて輸出手続きを簡略化する優遇措置、ホワイト国扱いを止めると公表したことに対して、韓国政府が自由貿易を拘束する措置で、世界貿易機関(WTO)にWTO協定違反に該当すると発表した。

 日本政府は、今回の規制強化はあくまで輸出手続きに関する優遇措置を止めただけで日本独自に判断出来る国内の措置であり、WTOの協定とは無関係だと言っているのだ。韓国の輸出管理がかなり杜撰で、韓国から北朝鮮へかなり物資が流れていると指摘しているに過ぎない。韓国は武器製造に転用可能な戦略物資の違法輸出を156件摘発したと、効果的に輸出管理制度が運営されていると主張しているが、実態はこの摘発件数以上に規制が緩和されて他国へ逃れているというのが日本政府の言い分である。

 韓国は昨日からアメリカへ政府高官を送り、日本の規制を止めるよう働きかけている。韓国政府はアメリカに理解してもらったと言っているようだが、アメリカ政府としてはお互いに2国間の話し合いで解決して欲しいというのが本心であろう。また、昨日経済産業省では韓国の実務者と経産省課長クラスが話し合いをしていたが、予定を遥かに超える6時間も話し合っても前向きな結論は出なかった。相変わらず解決の見通しは立っていない。

 この問題の影響が早くも韓国で、また一部には日本の貿易上にも表れている。

 どうも昨今の国際情勢を見ていると好転するより悪化するパターンの方が断然多くなっている。社会面や経済面の問題が影響しているのではなく、むしろ人間関係がこじれて、話し合いが出来ずにそれが社会的・経済的問題に絡んで問題が大きくなっているのではないかと考えざるを得ない。特に日韓関係ではそう思える。実に困ったことである。

2019年7月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4443.2019年7月12日(金) 先輩に最後の別れを告げる。

 今年4月に亡くなられた高校ラグビー部で1年先輩の和田正温さんのお宅へ伺い、最後のお別れをさせていただいた。4月になって急に持ち込まれた共著執筆の件でしばらく忙しない毎日を送っていたので、奥様に7月になったらお参りさせていただきたいと前以てお話ししていた。和田さんは高校、大学の先輩であるうえに、ご自宅も近くなので大分親しいお付き合いをさせていただいていた。毎年元旦恒例の湘南ラグビー祭には、車でご自宅へ立ち寄って和田さんをピックアップして一緒に出掛けていたが、数年前から和田さんの体調が勝れず、近年はひとりで母校へ出かけていた。

 親しい人が他界されるのは辛く寂しいものである。ラグビー部時代は和田さんとは同じフォワードの一員としてスクラムで固いパックをして体勢が崩されないよう練習や、試合に臨んだものである。もう60年以上も昔のことである。チームはあまり強いとは言えなかったが、これまで親しくお付き合いしてくることが出来たのは、ラグビーの本質的な面白さと仲間の気持ちを引き付けるラグビーに秘められた魅力であるかも知れない。これがラグビーの良さであるとともに、ラグビーをプレイしたおかげで交友関係が広まった。2人の息子もラグビーをプレイし、今では孫までラグビーを楽しんでいる。

 さて、昨日びっくりするようなニュースがあった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した探査機「はやぶさ2」が、地球から気が遠くなるような2.4億㎞も離れた小惑星「りゅうぐう」へ再着陸に成功したとのニュースである。今年2月に第1回目の着陸をして人工のクレーターを作った。今度は着陸していた数秒間に砂や石を採取した。これは小惑星の地下に眠っていた太陽の光や放射線で風化していない砂や石の可能性があり、約46億年前に地球が誕生したころの物質を調べることが出来るというメリットがあり素晴らしい成果である。

 この研究結果は、前回「りゅうぐう」に初着陸した時点で世界的にもその技術は高く評価されたが、昨日の砂や石を採取したことは、更に世界に差をつけるものと思われる。つい日本人の科学的な技術力のレベルに誇らしい気持ちになる。今後どれほど進歩し続けることが出来るだろうか。世界のリーダーとして国際科学会を引っ張って欲しいものである。

2019年7月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4442.2019年7月11日(木) 人類の祖先ホモ・サピエンスに新事実

 今日の朝刊記事のうち、ギリシャでユーラシア大陸最古のホモ・サピエンスの頭骨化した石が見つかったとの記事には些か驚いた。これはイギリスの科学誌「ネイチャー」に発表された情報である。頭骨化した石は1970年代にギリシャ南部の洞窟で見つかったもので、今回改めて調べた結果、これまでホモ・サピエンスがアフリカを出てユーラシアへ移住したのは5~6万年前との説が有力だったが、その通説を覆すように約21万年前のものと推定された。ホモ・サピエンスは、約30万年前にアフリカ大陸で生を受けた地球上最初の人類といわれているが、その後アラブ、ヨーロッパを経てアジア、オーストラリア、アメリカ大陸に移住していった。ギリシャで発見されたホモ・サピエンスが、これまでの通説より古い時代のものだと分かったことで、ホモ・サピエンスがアフリカから移住したのは巷間考えられていた時代よりもっと古い時代だということが明らかになった。

 太古の時代の史実というのは、文字化された資料があるわけではないので、調査が精密化すればするほどそれまでの事実が書き換えられる可能性がある。

 偶々先日脱稿した共著の「観光のあゆみ」の項にこのホモ・サピエンスについて若干触れた。アフリカを出てアラブからアジアへ至る人類の旅について記したものだ。古代史や文学上の古代文学に興味を抱くと思いがけない想像の世界に引き込まれるところがある。

 例えば、アフリカに生まれたわれわれ現代人の祖先が旅をして、アラブへ渡り、マルコ・ポーロの「東方見聞録」で紹介されているようにアジアへやって来た。そして3つの日本列島への渡来ルートとして考えられる北方、朝鮮、南方のうち、南方ルートの丸木舟による台湾から与那国島へ渡る実験的トライアルが、一昨日成功したばかりである。

 また、日本に渡って来た渡来人の後裔である大和民族のひとり、歌人紀貫之が「土佐日記」に高知から京都までの旅について書いている。これまで読んでいなかった「土佐日記」をこの機会に通読して、随分新しいことを知った。土佐から陸路を鳴門まで歩いて、瀬戸内を舟で渡り大阪から京都まで歩いたと信じ込んでいた「土佐日記」の旅が、何と土佐から京都まで海を渡り淀川を遡り宇治川を舟で上京したとはついぞ知らないことだった。それ故日程が天候や荒波に大きく左右されたことも知った。また、同時に拙稿で取り上げた京都から鎌倉までの旅を書いた阿仏尼の「十六夜日記」も読んでみたくなり、昨日アマゾンに注文したところである。「十六夜日記」という書名も後世の人が名付けた。そこにはロマンが漂っている。少し読書のジャンルについて考え、これから読む書物もロマンチックな中世物にトライしてみようかと考えている。

2019年7月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4441.2019年7月10日(水) 報道の勇み足と真実報道の難しさ

 元患者によるハンセン氏病訴訟と国の責任をめぐる問題が漸く決着した。1998年に元患者が損害賠償を求めて熊本地裁に提訴したのが、この問題のきっかけである。その後鳥取地裁の判決など紆余曲折はあったが、先月28日熊本地裁は国に対して家族へ総額3億7千万円の賠償を命じる判決を下した。この判決では、国が元患者に対して「義務を果たさなかった」「義務を怠った」「不作為があった」などと国の責任を認定し賠償を命じたものである。

 それに対して政府は控訴を検討し自民党内では控訴する空気が強かった。それを受けて昨日朝日朝刊が国は控訴すると発表した。ところが午前中に安倍首相が控訴をしない方針と発表した。さぁ大変である。朝日は早速夕刊でお詫びと訂正を伝えた。ところがまだそれで終わらない。今日の朝日朝刊で一面に「誤った記事 おわびします」、二面に政治部長名で「本社記事 誤った経緯説明します」と念入りに誤った記事のお詫びである。どうしてこんなことになってしまったのか。最終的な確認を取らずに原稿を流した。結局最後の詰めが甘く、事実関係が未確認のまま予測で記事を書いてしまったということに他ならない。

 更に今日駒澤大学ジャーナリズム・政策公開講座の2つの講座でいずれもこの問題を取り上げた。特に朝日記者が講師を務めた講座では、事実関係を関係者のひとりとして細かく説明された。問題がハンセン氏病の元患者の賠償に関わることで、これまで元患者と家族が苦しんできた問題だけに慎重にも慎重に扱ってきた。それが反って判断を狂わせてしまったのだろうか。それにしても影響力の強い新聞社としては甘かったでは済まされまい。講師の朝日記者は、随分恐縮していたが、事実を一刻も早く読者に伝えたいという焦りの気持ちが、ともすると勇み足になりかねないということでもある。

 こういうニュース報道だけに限らず、物事の判断というのは最前線から一歩身を退いてみる気持ちが大事なのかなと思う。

2019年7月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4440.2019年7月9日(火) 3万年前の仮想丸木舟、与那国島へ到着

 昨日のブログで触れた「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」が目的を達成した。7日午後2時38分に台湾・烏石鼻を発ち沖縄・与那国島を目指していた手漕ぎの丸木舟は、今日午前11時37分に45時間の航海を終え無事与那国島へ到着した。過去に2度も失敗したので、今回は相当慎重に計画を練ったと思われるが、幸い3度目の正直となった。225㎞の外洋を暑い日射を浴び、真っ暗な夜空の下を太陽と星だけを頼りに渡り切ったことは素晴らしい精神力と体力であり、3万年前の夢とロマンを現代に見事に実現させた。果たしてこの航海が大昔の人類の渡来、日本人の南方ルートによる移動とどれほど近づいたものであるのか、という点についてはこれから国立科学博物館のプロジェクト・チームが分析、検証することと思うが、その報告を楽しみに待ちたいと思う。

 こういう壮大な企画が考えられるようになり、古代に成された地球上のロマンチックな冒険旅行に目が向けば、角突き合わせるような人間関係、特に国際間のいがみ合いやトラブルが少しは減るのではないかと期待したい。

 さて、夢とロマンから一転政治家の金にまつわる話である。疑問だらけの国会議員の昨年の所得が公開された。議員歳費に個人的な収入を足したものであるが、議員ひとり当たり平均2657万円で、最高額は鳩山二郎衆院議員の17億4千万円が突出して多く、父邦夫元議員から相続した株券の株式売却益16億円強が含まれている。平均所得額だけではとても政治活動を行うことは難しいと思われるが、この他に個人収入とみなされないものに政治活動費という使用目的を問われない抜け道のある収入がある。疑問だらけだが、大金持ちで資産家の国税庁を管轄する麻生太郎財務相の所得が3186万円というのも首を傾げるもので、どうにも信じられない。政治家の収支には、見えない金の出入りが随分あるようだ。メディアも政治家の収入の流れをもっと監視して真の実態を伝えて欲しいと思う。

2019年7月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com