ブログ・ご意見番の意見

 充実したホームページに仕上げていこうと、毎日目を凝らしながら取り組んでおります。淡々と書き続けてきただけで、10年2月に初めて4桁の大台1000回を、そして奇しくも74歳の誕生日に当たる2012年「文化の日」に連続2000回を、15年7月31日に3000回、18年4月26日に4000回、21年1月19日に5000回を数えました。ここでは、出来るだけポジティブな意見や、気軽な独言、時には戯言や想い出を書き込んで、自分自身の気持ちを素直に表わしながら楽しく読んでいただけるよう心がけたいと思っております。意見の主張というより、感じたままを日記風に書き綴って参ります。身勝手な意見や、独断的な表現も見られると存じますが、どうぞご理解下さいますようお願い致します。皆さまの忌憚のないご意見をお寄せいただければ有難く存じます。

ブログ一覧

6151.2024年6月24日(月) オーバーツーリズムにどう対応するか?

 一昨日訪英された天皇、皇后両陛下のロンドン到着後のご様子や、お二人それぞれのオックスフォード大学留学時代の映像が、写し出されて微笑ましく思える。6泊8日の日程中にエリザベス女王とフィリップ殿下が眠るウィンザー城内のセント・ジョージ教会へお墓参りもされる。また、バッキンガム宮殿で開催されるチャールス国王ご招待の晩餐会へ向かう際には馬車で通られるので、沿道には両国の国旗が掲げられている。スナク政権下のイギリス政界はやや不安定であるが、そんな空気も一掃する温かい歓迎ぶりである。第2次世界大戦中のしこりもあって、一時はやや疎遠だった日英皇室は、イギリスのエドワード皇太子が英国皇室で初めて来日されて以来150年が経ち、今では友好的な皇室関係が保たれている。両陛下の訪英が、一層両国の友好に貢献されるよう願っている。

 さて、このところコロナ禍の影響も薄れ、加えて円安の恩恵もあり、海外から日本を訪れる観光客が再びもとに戻り、3月以降の3か月は、毎月3百万人を超えるインバウンド客が日本を訪れている。日本にとっては大きな外貨獲得で国家の財政面でも大きく貢献している。

 しかし、コロナ禍前から言われていたように、観光客が数多く訪れることにより都市によってはオーバーツーリズムと呼ばれる観光公害が観光地に大きな陰を落としている。通行人が増えて車も人も思うように通れず、市民がバスに乗り難くなり、ゴミも散乱して街の美化も損なわれているのが実情である。それは、日本ばかりでなく、世界的観光地でも同じ現象に悩んでいる。イタリアのヴェネチアのように地域を限定して入域税を徴収するところも表れている。

 日本で最もオーバーツーリズムに悩まされているのは、世界遺産でもある古都・京都である。ここでは祇園の舞妓さんが、写真を撮ろうとする外国人観光客に追い回されて困惑している図が見られる。最近になって世界遺産・姫路城が外国人観光客に対する入城料値上げの検討を始めた。現在の入城料は、千円であるが、外国人には約4倍強の30US㌦を考えているようだ。姫路市の取り組みに対して、腰の軽い吉村洋文・大阪府知事が大阪城もやったら良いと浮かれている。

 しかし、唐突な値上げは一筋縄では行かない。ある大学教授は、二重価格を設定する国は、外貨を稼ごうとする発展途上国や新興国で、日本のように円安に苦しむ国がこれを実施すると、外国人観光客から多くのお金を取ろうとするとか、なぜ外国人だけが料金を高く支払わなければならないかと、誤解されたメッセージが世界に発信されるので慎重であるべきだと言っている。また、別の専門家は、外国人だけに税金のような形で徴収するなら、法の下の平等をうたう憲法14条や、各国との間で結んだ租税条約に盛り込まれた無差別条項に抵触する可能性があると警告している。

 現実に二重の入場料を徴収しているマチュピチュや、タージ・マハールを訪れた時は、現地で外国人用パッケージツアーに参加したので、入場料がいくらか知らなかったが、前者では現地の人は約5千円、外国人は約1万円、後者に至っては、インド人は100円足らずだが、外国人は約20倍もの2千円も支払わなければならないという。

 これらの二重価格制については、多くの問題があり、そう簡単に結論の出るものではない。ただ、便乗値上げや、二重価格制を取り入れることだけは、慎重に、かつ良識的に判断することを求めたい。国としてもいずれ他の観光都市へ広がる問題なので、すべてを自治体任せにせずに、国が相対的に、前向きに関わるべきであろう。

 さて、今日は暑かった。東京都内の最高気温は33.4℃で今年最高だった。国内の最高は一時千葉県の牛久で36.4℃と発表されたが、その後栃木県佐野市の36.6℃と修正された。しかし、牛久市というのは確か茨城県内の市である。当初間違いではないかと思っていたら、千葉県市原市の牛久という地区というからややこしい。国内のみならず、世界でも今年は熱波がやって来て、インドやアラビアでは50℃を超えたというから想像もつかない。毎年恒例のサウジアラビアのメッカ巡礼は、5日間で2百万人が訪れ、51℃を超える灼熱により1,300人を超える死者が出たという。春夏秋冬が夏夏冬冬となり、これからの熱波寒波による厳しい気候変動が心配である。

2024年6月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

6150.2024年6月23日(日) 厳粛な沖縄「慰霊の日」と乱戦模様の都知事選

 今日は、沖縄「慰霊の日」である。1945年の今日沖縄戦で日本軍の戦闘が終わったとされている日である。実際には、まだ敗戦を認めようとしなかった日本兵が、局地的な戦闘を続けて、アメリカ軍が沖縄作戦終結を宣言したのは、同年7月2日とされている。毎年摩文仁の丘で行われる沖縄全戦没者追悼式には、デニー玉城知事が平和宣言を読み上げると同時に、沖縄の駐留自衛隊が権限を拡大しつつあることに懸念を表明した。岸田首相は3年連続で出席し、戦没者に対して哀悼の言葉を捧げた。沖縄で命を落とした人は、今日追加された犠牲者を含めて、24万2225人になった。戦没者は当然沖縄県民が9万4千人で一番多いが、意外にもその次に多いのが、北海道出身者で1万807人だという。沖縄駐在の第24師団に北海道出身者が多かったことが原因であるが、第24師団は満州で編成され、44年に沖縄に移動して翌年アメリカ軍の上陸によって戦闘に巻き込まれたことが大きいようである。

 ウクライナ、パレスチナに続き、フィリピン近海の中国の海洋進出に伴う領有権争いなど地球上にはそこかしこで国家間の争いが絶えない。沖縄の残酷な戦闘は、2度と戦争は繰り返さないと国民に誓わせたが、時間と距離が遠くなれば、これは忘れられ実感としてはあまり人々の心に響かないのだろうか。

 私が沖縄の戦争とその惨禍について強く関心を抱くのは、1972年の沖縄本土復帰運動に多少関わったことが大きいが、何よりも戦争の怖さを実感として知っているからである。ちょうど終戦の年に、国民学校(現小学校)に入学し、防空壕で怯えたり、校外で突然米軍戦闘機編隊に襲撃されそうになったが、先頭の隊長機が不意に機首を上げ編隊すべてが上空へ飛び去って行った怖い経験、そしてベトナム戦争時にサイゴンで米兵に銃を向けられたり、第三次中東戦争ではヨルダン軍兵士に身柄を拘束された苦い経験など、がトラウマとなっているからである。その点では国会議員の誰にも負けない。

 さて、懸案の東京都知事選も盛り上がるかと思いきや、どうも論戦以外の手続きなどで、一部の候補者の好い加減さが表れ始めている。56人が立候補したが、ポスター掲示板にはまだ9枚しかポスターが貼られていない有様である。

 今日都知事選の選挙公報が配布された。各候補者の公約が紹介されているが、19人の「NHKから国民を守る党」(N国)候補者の紹介はそれぞれ半分以上のスペースは「NHKに受信料を支払う人は馬鹿だと思います」と主張する立花孝志・党首の主張と写真である。これが19/56枚も出て来るので、一番目立つのが、N国であり、その党首・立花孝志である。これでは一部にハイジャックされたと揶揄されるのも当然である。他に名乗られた所属政党も在日特権を認めないと外国人生活保護即時廃止を訴える「日本第一党」、「未来党」「つばさの党」「忠臣蔵義士新党」「ゴルフ党」「ネオ幕府アキノリ党」「シン独立党」「核融合党」「創価学会撲滅党」「覇王党」「ポーカー党」など、呆れるような党名ばかりである。「ゴルフ党」の主張なんか「金持ち優遇で都民を豊かに」なんて言っているが、どうやって実現するのか、馬鹿々々しくなる。令和の大奥制度と言い「一夫多妻制」を勧めるジョーカー議員と自称する男性候補者や、税金を原則として廃止のような非現実的な案を訴える候補者など、おふざけが度を越しているように思える。4人の主たる候補者の公約は、流石に彼らの突出してふざけた公約とは違い、概ね真面目な公約である。ただ、田母神俊雄・元航空幕僚長の教育勅語賛成や修身授業復活なぞは、やはり右翼的な「軍人」を想像させるようでとても納得出来ない。

 ちょっと気になっていた小池知事のカイロ大卆?学歴は記載されていなかった。他の候補者がきちんと表記しているのにやはり学歴詐称と言われているのは、知事にとって疚しいと自認しているのだろう。これについては、地検に告発されているので、当選するか否かに拘わらず、いずれ問題になるだろう。近年にないほど平均点の低い選挙になりそうだ。

2024年6月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

6149.2024年6月22日(土) 日本相撲協会は大丈夫か? 不安な未来

 終戦直後は、野球と相撲ぐらいしかラジオで放送されず、普段はそれぐらいしか楽しむスポーツというか、遊びはなかったので、夢中になったものだ。小学校2年時には兄弟と一緒に列車で片道3時間半以上も懸けて後楽園まで巨人戦を観戦に行き、京都の中学3年時には初めて大阪へ大相撲春場所千秋楽を観戦に出かけ、優勝した大関三根山と優勝パレードで握手したことが楽しい想い出として記憶に残っている。爾来長い間に亘ってシーズンになるとテレビ観戦を楽しんでいる。

 近年その相撲そのものが大きく変わったことに期待よりも不安を感じていた。そこへ昨日の朝日夕刊紙上に、かつて「女三四郎」と呼ばれた女性柔道家の山口香・筑波大教授が大相撲の過酷な場所と日程のため、力士が休息やケガを完治させる間もなく出場してケガを悪化させ、引退に追い込まれる現状を憂いている。年6場所制の見直しと場所中のケガの公傷制度の復活を提言している。

 実は、去る14日の朝日新聞「声」欄にも、90歳の鈴木康司・元中央大学学長が相撲ファンのひとりとして昨今の相撲界の現状に不安を感じていると投稿があり気になっていた。元学長は、戦前の双葉山時代から国技館に通い、大学でも相撲部部長を10年間も務めた熱心な相撲ファンで、大相撲の現状と将来を山口氏同様に憂いておられる。元学長が一番懸念していることは、力士の健康管理で、これが充分行き届かないと力士をケガなどで再起不能にさせ、いずれ角界から去り、相撲界を支えている土台が崩れ、大相撲の将来は暗いと前途を悲観している。かつて認められていた公傷制度も今では廃止したために、力士は土俵上でけがをしても無理をして土俵に上がる。

 今の角界は、1年6場所の過密なスケジュールに追われ過重な負担のために、例え力士がケガしても完治するのを見守る余裕がなく、土俵上に上る力士の身体は、サポーターだらけである。お2人は同じ主旨の提言をしているのである。

 戦前は、場所と場所の間が半年間もあったために、ケガをしても直す時間的余裕があり、今のようにサポーターで身体中を覆うような悲惨な姿は見られなかったという。確かに、戦前から戦後の初めごろまでは、1年2場所だったが、それが3場所となり、4場所となり、大相撲が地方へ進出するという名目の下に名古屋と福岡でも場所を開催するようになり、いつの間にか1年が6場所90日となった。これにより協会は懐が豊かになった。

 昨今の力士は身体が大型化してケガを負いやすく、治りにくい。そのため横綱や大関の上位力士がケガのために優勝を争うような活躍が難しくなり、その反面新人や若手力士が一気に出世街道へ進出することが可能になったとも言える。春場所の優勝力士・尊富士は新入幕力士として110年ぶりの快挙だったし、夏場所は23歳の新小結・大の里が初土俵から7場所目にして初優勝を遂げたが、これも幕下付け出しの力士としては最も早い記録である。これもベテラン横綱や大関がケガのため力を発揮出来なくなり、力のある若手が進出するようになったハプニングと言えるのかも知れない。

 日本相撲協会が協会の財産でもある力士の健康面に対する配慮が、必ずしも充分でないために、才能豊かな力士がケガのために次々と土俵から去っている。今後大相撲が今の人気を保って、このまま繁栄を続けるためには、元学長は一大改革を進める必要があると提言している。敢えて私自身1相撲ファンとして愚見を述べるなら、相撲協会の組織と運営に大きなメスを入れる必要があると考えている。現在横綱審議会には外部の有識者が加わっているが、本体の日本相撲協会や、通常の部屋の経営・運営面では、外部人材の登用、活用がほとんど見られない。他の世界をあまり知らず、過去の相撲経験だけに頼り勝ちの協会役員ばかりではなく、部屋の経営に関しても有能な外部の人材の登用を考える時期に来ているのではないだろうか。

 また、経営的には、苦しくなるであろうが、思い切って場所数を1年4場所に戻してはどうだろうか。そして、公益財団法人である日本相撲協会は、所有する固定資産・国技館のもっと有効な活用方法を考えるべきだと思う。現在国技館は、1年の内3場所、つまり僅か45日間しか使用されていない。都内でも交通の利便が良い国技館を空いている時期に、他のスポーツ団体や、興行などに会場を貸与して賃貸料を得ることなどを真剣に考えてはいかがであろうか。今のままだと果たして相撲協会はこの先残っていけるだろうか、心配である。

2024年6月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

6148.2024年6月21日(金) 関東梅雨入りとパレスチナ紛争の行方

 今日関東地方が漸く梅雨に入った。沖縄や九州方面では、梅雨明けとなったと思ったら鹿児島県では今日線状降水帯が発生した。そこへ東京で梅雨入りとは、何と狭い日本で随分気候や天候が違うものだと思う。関東の今年の梅雨入りは例年より2週間遅く、過去2番目に遅い梅雨入りだそうだ。

 昨日東京都知事選の告示だったが、4年前より34人も多い立候補者のせいで、ポスター掲示のスペースが足りないことから、いろいろ想定外の問題が起きている。ポスター用看板にポスターを貼れない候補者は、都選管が足りない枠は候補者へ配られたクリアファイルにポスターを挟んで掲げるようにとの苦肉の策を講じざるを得ないようだ。話題になっていた「N国」の22人の候補者が全体を囲むようなポスター掲示を行ったが、すべて同じ22枚のポスターを張って物議を醸したり、中には裸の女性のポスターもあったようだが、これは風俗上問題として取り払うよう警察から警告されたという。どうもこれまでの都知事選とは大分趣も異なり、聊か品性に欠けるようだ。

 今日も朝から大分雨が降っていたが、近くの掲示板を見に行ったところ、そこには、まだ8枚しかポスターが掲示されていなかった。選挙期間は、17日しかないのに随分のんびりしたものだ。元々当選する気もなく、単に話題の提供として出馬したせいであろうか。

 一方、国会は、一昨日自民党が提出した節穴だらけの改正政治資金規正法を成立させ、それに反対した野党が、昨日岸田内閣不信任案を提出した。しかし、これは予想通り否決された。こうして今国会は政治資金改正法案のやり取りだけで時間を使い、今日国会は閉会となった。何だか虚しい気がしてならない。

 裏金問題で騒がれたように、濡れ手に泡で高額な資金を手にした自民党国会議員は、その泡銭に対してびた一文税金を支払うことなく懐に入れて見逃されることになった。これだから国会議員は辞められない。よくぞこれで国民の脱税行為に対して偉そうなことを言えたものである。

 さて、先日イスラエル軍が、イスラエル政府の意向に反して一時パレスチナ・ガザ地区への緊急物資導入のために攻撃を手控えたことから、政府の考えに反したとして、政府と軍との対立が少し目立ってきた。更に軍は、イスラム組織ハマスの徹底壊滅は不可能だと述べたことから、政府は軍は政府の方針に従うべきだとの声明を発表し、ネタニヤフ政権と軍との間で緊張が生じているとメディアは報道した。

 そして、これまで大きく伝えられなかったイスラエル軍と、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラとの攻撃の応酬によりヒズボラの指揮官を空襲で殺害することになったことに、ヒズボラの最高指導者ナスララ師は、戦闘が激しくなれば、われわれは、イスラエル北部への侵攻も辞さないと述べた。戦火は更に拡大しそうな雲行きになってきた。イスラム組織の攻撃的な言動も過激にならないよう当事者が心掛けなければならないが、今回の発生からガザ地区における難民への攻撃の経緯を見てみると、やはりイスラエルのひたすらハマス殲滅との強弁と妄信がことを大きく荒立てているように思える。どうも当分の間パレスチナ周辺の諍いは止むことはなさそうだ。悲しいことである。

2024年6月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

6147.2024年6月20日(木) 都知事選告示と、ロシア・北朝鮮の悪霊首脳会談

 今日の東京都知事選告示を前に、昨日主たる4人の候補者、現知事・小池百合子氏、前参議院議員・蓮舫氏、前広島県安芸高田市長・石丸伸二氏、元航空幕僚長・田母神俊雄氏の共同記者会見が開かれた。

 その中で、石丸氏が冒頭に都知事選とは直接関係ないが、「政治屋の一掃」を掲げ、「仕事をするふりをして一向に成果をあげない、そんな政治屋を一掃したい」とこれまで考えて来たことを吐露した。まったくその通りで同感である。

 これまでの小池都政の中で、外から見える政策実行の内、明治神宮再開発プロジェクトと都庁建物壁面のプロジェクション・マッピングについて、前者については、蓮舫氏と田母神氏が反対し、後者については、3人が反対した。蓮舫氏は知事に対してテレビ討論を要求したが、知事は応じる様子を見せなかった。

 これから17日間に亘って選挙戦が展開されるが、大きなプロジェクトは直前まで公表せずにあっという間に発表する小池式手法は極めて不満である。特に神宮外苑の再開発プロジェクトは、折角残された都内の静かな緑の環境を奪う点からも都民としては、容認出来ない。緑の面積は変わってはいないなどと逃げ口上を述べているが、伐採した樹木の土地に大手不動産会社の高層マンションを建設する予定であることは明白な事実である。これから選挙戦がヒートアップしていくに連れ、いろいろ隠れていた問題も明かされるだろう。真っ当な選挙論戦を期待したいと思う。

 ついては、今日告示に当たり、56名の候補者が届け出たようだが、リストを見てみると昨日のブログに取り上げたように売名行為や、選挙ビジネスで名乗り出たのではないかと首を傾げるような候補者がかなり見られる。その最たる人物は、4月の衆院東京15区補選で、公選法違反で逮捕された「つばさの党」代表・黒川敦彦氏である。収監中かと思っていたところ堂々と人前で一芝居やろうというのである。他には顔面を白化粧した「AIメイヤー」氏、プロレスラーのように仮面で顔を隠した「横山緑」氏、「アキノリ将軍未満」なる意味不明を名乗る人物などは、話題性で登場しただけだろう。明日からメディアでも騒がしい選挙報道が行われることだろう。

 さて、世界の東京ではあるが、外に目を向ければ世界でも注目されている現代の悪霊とも言える3人の政治家の内、2人が昨日北朝鮮で首脳会談を行った。言わずと知れたロシアの独裁者プーチン大統領が24年ぶりに北朝鮮を訪れ、世襲3代目の悪ガキ金正恩・朝鮮労働党総書記と親密な仲を見せたのである。自分のことしか考えない2人は、相互に安全保障や経済協力を約束した。特に世界中の顰蹙を買うのは、ロシアが侵攻に必要な弾薬や、ミサイルの提供を北朝鮮から受け、その見返りにミサイル開発を進める北朝鮮をロシアが支援することで、そのロシアも何かことが起きれば、核の使用を辞さないと強弁していることである。プーチン大統領は、合同記者会見で「一方が攻撃を受けた際に相互支援を行う」と述べた。このことは、取りも直さず、北朝鮮に手を出したらロシアが核攻撃を行うということを言っているわけである。2人の首脳が仲睦まじく笑いながら会話をしたり、ともに笑顔で歩いている姿に世界からのけ者扱いされた2人の首脳の心寂しい本心が透けて見えたように思う。

2024年6月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com