ブログ・ご意見番の意見

 充実したホームページに仕上げていこうと、毎日目を凝らしながら取り組んでおります。書き続けてきたおかげで、奇しくも74歳の誕生日に当たる2012年の「文化の日」に連続2000回を、15年7月31日に3000回、18年4月26日に4000回を数えました。ここでは、出来るだけポジティブな意見や、気軽な独言、時には戯言を書き込んで、自分の気持ちを素直に表わしながら楽しく読んでいただけるよう心がけたいと思っております。意見の主張というより、感じたままを日記風に書き綴って参ります。身勝手な意見や、独断的な表現も見られると存じますが、どうぞご理解下さいますようお願い致します。皆さまの忌憚のないご意見をお寄せいただければ有難く存じます。

ブログ一覧

4474.2019年8月12日(月) イエメンで新たな内戦が勃発か?

 噂ではちらほら聞いていたが、アラビア半島のイエメン民主共和国が大分荒れた状況下にあるようだ。紛争の種が多く存在するのか、独立後もしばしば紛争の起きるお国柄である。昨日あるテレビ局で内戦状態にある現在のアデンの画像を流していた。半世紀以上も昔1968年1月11日苦労を重ねたうえで、漸く独立直後のアデンに最初の日本人として入国し今でも灌漑深く思っている。アデンは地勢的に優位なアラビア半島の紅海の入口にあり、また石油が絡み難しい立場にある。長年に亘って宗主国大英帝国が利権を手放さず植民地として支配し、被支配国アデンは虐げられ、宗主国の圧力に耐えてきた。

 1967年11月30日アデンはイギリスから「南アラビア連邦」として独立した。私が入国するほんの42日前のことである。その後アデンはアラビア半島のイエメンに吸収される形でイエメン民主共和国となった。しかし、その後度々内戦を繰り返している。現在正式には国家の大統領は不在である。独裁政権だったサーレハ大統領が国内外の批判にさらされ、挙句に砲撃によって負傷したことから辞職したまま暫定大統領を名乗っているハーディー氏が主導するハーディー暫定大統領派と、亡くなったフーシ師を大統領に推していたフーシ派が対立している。ハーディー大統領派はアデン中心に、フーシ派は首都サヌアを中心に北西部を支配している。前者はサウジアラビアのスンニ派連合軍が支援し、後者にはイランが弾道ミサイルなどを供給して後ろ盾となっている。そこへ2017年に南部暫定評議会という新しい組織が立ち上がり国内の抗争はさらに泥沼化している。国内に三つ巴の対立・抗争が起きているのである。

 アラブの主導権争いを一層複雑にしているのに宗教紛争・対立がある。ご多聞に漏れずこの両者の背景にもスンニ派とシーア派の対立が見え隠れしている。

 昨日の映像にもアデンの風景が映し出されていたが、その細かい情景は今以て余韻が残っている。苦労して入国し、まだ砲弾の痕跡も消えぬままのアデンには殊更強烈な印象がある。元イギリス軍将校の宿舎に使用されていた、怪獣のような名の「ゲジラ・パレスホテル」のフロントにいて、勤務明けに街をガイドしてくれたムッタナさんは今どうしているだろう?

 ついては、今朝の朝日によると10日新しい南部暫定評議会が南部アデンの大統領宮殿や軍事施設を占拠したと伝えている。分離独立派の南部暫定評議会と暫定政権側の戦闘が7日から激化して民間人を含む70人以上が死亡したという。これまで暫定政権を支えるサウジアラビアと、フーシ派を支援するイランの代理戦争ともいわれていたが、アラブ首長国連邦(UAE)が支援する南部暫定評議会が介入したことによって益々複雑で混沌とした政治情勢になった。日本では一般にあまり関心を持たれていない国ではあるが、アデン独立前の内戦の実態について関心を抱き、多少学んでいた私としては他人事ではないくらい気にかかる。

2019年8月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4473.2019年8月11日(日) 紀貫之「土佐日記」を読む。

 今日からお盆休みに入った。早くも今日1日だけで、海と山の遭難死者が16人も出た。今まで個別にこんなに大勢の犠牲者を生んだ日は記憶にない。今日は「山の日」であるが、これ以上遭難事故が増えないことを願う。今年は長いところでは9連休の会社もあると言われており、本来なら各地で交通機関や宿泊施設が込み合う時期である。しかし、先日西日本を襲った台風8号、9号に続き、南方洋上に発生した大型台風10号の進路予想が連日のように細かく報道され、海外旅行を除いて巷ではバケーションも二の足を踏んでいる人が多いようだ。

 さて、先日現代に残る平安時代の三十六歌仙で、「古今和歌集」の選者、紀貫之による名著「土佐日記」を読了した。先に共著の1章「旅のあゆみ」の原稿に書いた内容の整合性を書物で確認したいと思い、これまで読まずにいた「土佐日記」を遅ればせながら通読した。原書はすんなりとは読めないので、当然解説を参照し見比べながら読んだ。

 読んでいるうちに新しい発見がいくつもあった。「土佐日記」は紀貫之が土佐国司を辞めて京へ帰る道すがら見聞した事象を、周囲の情景も交えて女性体の平仮名で書いたもので、特に冒頭の書き出し「男もすなる日記というものを女もしてみむとてするなり」はよく知られた文である。全文を通して国司の貫之ではなく、その女官が書いているように思わせているが、実際は貫之が綴ったものである。

 実は、この道中で55日間も日時を要したとは知らなかった。その後鎌倉時代になって阿仏尼が「十六夜日記」を書いた時、都から鎌倉まで16日しかかからなかった。当時土佐から都までの移動は22日が一般的と考えられていた時代に55日もかかっていた。何かそれなりの原因があると思ったが、「土佐日記」を読んで氷解した。何と土佐から京まで陸路ではなく、家族やお供を連れて海路を船で向かったのだ。海路ではいろいろなことがあった。海賊の出現、高潮による停泊などで港町に何日も足止めを余儀なくされた。淡路島南岸沿いに紀淡海峡を渡り近畿和泉に着いてから陸路を辿るかと思いきや、紀伊半島西岸を北上して大阪から淀川を上り、山崎へ上陸し都入りした。これでは55日間かかったのも無理もないと思う。貫之はその後相模、上総の国司を務めた後に東北地方の要地で国主を務めていた時に亡くなったと言われている。

 この佳作が生まれた背景を実際に著書を読むことによって知ることが出来たことは、大変参考になった。何事もそうであるが、やはり実物に触れてみることによって新しい知識を得て世界は自ずから開けてくるものである。また、今日「土佐日記」として知られているこの名著も、正式には「土左日記」というのが正しいそうである。現在鎌倉時代の長旅を知りたくて阿仏尼「十六夜日記」を読みかけているところである。その次は松尾芭蕉の「奥の細道」だ。

2019年8月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4472.2019年8月10日(土) 3日前に消失した自著原稿復元

 3日前にパソコンに保存していた筈の原稿が突然消えてしまい、せっかく脱稿間近に迫っていたドキュメント原稿が行方不明になり途方に暮れていた。私の力ではどうしようもなく、神頼みするより手がなかった。すぐにいつも世話になっているITコンサルタント小糸氏に連絡を取り、今日午後自宅へ来てもらった。私自身原稿消失の事態に煙に包まれたような状態だったが、小糸氏もどうしてだろうかとしばらく首を傾げていた。

 しかし、案ずるより産むが易しで、小糸氏はほんの10分ほどPCをチェックしていたが、私が知らないような引き出しから似たようなタイトルを見つけてくれた。その中のひとつを開けてみたところタイトル、頁数ともにまさに探し求めていた消失原稿だった。昨晩も夜中に起きた時にハッとこのことを思い出して落ち込んでしまった。それが再びPC上に現れたのだ。これでまた最初の頁から書き直す必要がなくなった。単純なミスで消えたものかも知れなかったが、嬉しかった。これで今年中か、来春には予定通り新刊本を上梓出来る。やれやれである。もう2度とこのようなバカ騒ぎは繰り返したくない。流石に小糸氏はプロだなぁと感心しきりである。今晩はゆっくり休むことが出来そうだ。

 さて、明日と18日合併号「しんぶん赤旗日曜版」に「8月15日-今言いたい 戦争は悪、愚かな行為」と題して園部逸夫・元最高裁判事と並んで、作家なかにし礼氏が戦争体験者として厳しい意見を吐いている。

 なかにし氏は私と同じ年で2003年同時期に日本ペンクラブにともに入会した。当時東京会館で行われた新入会員紹介の際、ずっと若い弁護士の菊間千乃氏らとともに壇上に上がったことがある。そのなかにし氏が最新刊「わが人生に悔いなし」をPRしながら激動の半生を振り返っている。氏は私の戦争体験とは次元が違うほど苦労され辛酸を舐めた。戦争末期から満州で生活し、父親はソ連の強制労働に駆り出されて病死している。満州から引き上げる途上で乗っていた列車がソ連軍機に機銃掃射を受け命からがらの逃避行を続けた。あの苦しい生活体験があったからこそ戦争に対する嫌悪感が消えず、戦争反対を信念にして、作家として何とか戦争体験を書かなければいけないと思ったそうである。日本国憲法に9条で軍隊を持たず戦争を放棄した条文に感動を覚えて、憲法を守り抜く決意を固めたと述べている。なかにし氏がこれほどまでに反戦の気持ちが強いとは今の今まで知らなかった。その意味から憲法改正を目論む安倍首相を批判している。今後は彼の言動を注視したいと思っている。

 なかにし氏が訴える言葉は同年代の我々にとってはもちろん、戦争を知らない世代にとっても反戦を訴えてくれると思う。

2019年8月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4471.2019年8月9日(金) 長崎「原爆の日」は灼熱地獄

 今日は6日の広島「原爆の日」に続いて、長崎に原爆が投下された記念日である。長崎市内の平和公園で行われた平和祈念式典で、田上富久市長は被爆者の詩を読み上げた後で、長距離核戦力全廃条約が失効されたことに鑑み、積み重ねてきた人類の努力の成果が次々と壊され、核兵器が使われる危険性が高まっていると指摘して、唯一の被爆国の責任として日本政府に核兵器禁止条約への署名と批准を迫った。だが、安倍首相は昨年、及び先の広島の平和祈念式典に続きこの問いに応えなかった。相も変わらず首相は被爆者の期待を裏り続けているのである。

 ところで、今年の夏の暑さは異常で、世界的にも近年にない突出した暑さのようである。暑さは日に日に強まっている。先月23日には埼玉県熊谷市で41.1℃の日本歴代最高気温を記録したというから、尋常ではない。都内だけでも熱中症による死者の数が45人となった。来年の今ごろはオリンピックもちょうど花盛りであるが、炎天下にどんなトラブルやハプニングが起きるか見当もつかない。選手や観客の中にも多くの熱中症患者が現れるのではないかと今から気になる。

 ついては、1964年東京オリンピックは、10月秋空の下に開催され暑さなどまったく心配することもなくスムーズな開催だった。その東京オリンピック・マラソンで優勝したエチオピアのアベベ選手に次いで銀メダルを獲得したイギリスのヒートリー選手が、3日85歳で亡くなった。思い出深い2020東京オリンピックを曾孫と観戦にやって来るのを楽しみにしていたという。金メダルを獲得したアベベ選手は、運転していた自動車事故が遠因とされているが、玉座を追われたハイレ・セラッシェ皇帝の秘蔵っ子だったこともあり、王制打倒派に睨まれ幽閉の後に殺害されたのではないかとの噂がある。真因は不明のまま41歳で亡くなり、銅メダルの円谷幸吉選手は27歳で自決した。メダリスト3人のうちヒートリー選手を除く2人が不幸な末路を辿った。華やかな裏面に隠れて不幸な一面もあるものだ。一方で、1968年1月9日円谷選手が自決した翌日アジスアベバでアベベ選手の甥御さんに会ったことも懐かしい。

 それはさておき、海外でもパリ市内では昨日42.6℃だったというから地球上いずこも異常気象だということが分かる。北極圏のグリーンランドでもいつもなら氷が固まっている筈が、その氷が解けて一面水になっていた。特にアジア、アフリカ、ヨーロッパでは雨が降らなくなり農耕地の干ばつによる農業、酪農への影響が懸念されている。このまま地球温暖化が加速すれば、先進国の人口減少とは反比例して2015年には73億人だった全人口が今世紀末には95億人と推定されているが、これだけ多くの人たちの食糧を賄うのは、極めて難しいのではないかと思われる。

 「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は、昨年10月地球温暖化が現在のペースのまま進めば、2030年から52年の間に1.5℃地球上の気温が上昇するとの報告書を公表した。地球温暖化が益々進み、生活面において厳しい局面が予想されている。この現状を改善すべく1997年に採択された京都議定書以後2016年に発効した気候変動枠組み条約について、トランプ大統領が「地球温暖化はでっち上げ」と身勝手にもアメリカ・ファーストの考えを言い出し、一方的に協定から離脱を表明したのである。温室効果ガス最大排出国の中国とともに排出量世界第2位のアメリカが、迷惑を被っている他国のことを一切配慮せず地球温暖化対策に背を向けている。これで食糧不足で餓死者が溢れるようになれば、それこそアメリカと中国にその最大の責任があると言ってよい。その両国が米中経済戦争を行って諸外国にはた迷惑の限りを尽くしている。この思い上がった2つの国がこの世からいなくなれば、どれだけ世界が平静に保たれるだろうか。

2019年8月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com

4470.2019年8月8日(木) 愕然! 脱稿直前の自著原稿消失か?

 昨日大変ショッキングなことがあった。それは今以て解決していない。まったく何が何だか分からない。

 実は、現在執筆中で脱稿間近で今年内か、来春には上梓しようと考えていたドキュメント作品の原稿がパソコン上から完全に消えてしまったのだ。昨日午前中に仕上げの章を書き、見直しながらPCを閉じたのだが、夕方原稿を開こうとしたところ、「ドキュメント」の中に見つからなかった。いろいろ手を尽くしてみたが、やはり原稿が見つからない。こんなことは初めてで、どうやって原稿を復元させたら良いのか、まったくアイディアが浮かばず途方に暮れてしまった。拙作は最後の仕上げに入っていてあと一息というところまで来ていた。これまでの海外旅行体験の中で、治安不安的な土地でテロを予感したり、身柄拘束された体験や、現地の人々との交流などの中で感じたことをリアルに書いた。その過程でメディアの取材方法に疑問を抱いた。特に彼らがあまり現場を踏んでいないのではないかと思い、一言注文をつけたものである。私なりにドキュメンタリー性を強めて書いたつもりなので、読者にはある程度興味を持ってもらえると思っている。残念で仕方がない。

 本文だけでA4版用紙にして105頁まで書き上げ残り10頁ぐらいのところまで来ていた。これ以上はいくらじたばたしても自分では解決策が見つからず、日ごろからお世話になっているITコンサルタントの小糸氏へ連絡を取って、明後日拙宅へ寄ってもらいPCをチェックしてもらうことになった。元通り復元することが出来るかどうかは分からないが、今はただひたすら祈るような気持ちである。もし、復元することが出来ない場合は、改めて文章を思い出しながら、また1から書いていくより方法はない。

 どうしてせっかく記憶させておいた大事な原稿が、何の不自然なこともやらないのに姿を消してしまったのだろうか。多少の慰めになるのは、80頁ぐらいのところで、1度文章をプリントしておいたので、その後見直し文章は大きく変わってはいるが、そのプリントが残っていることぐらいである。ITコンサルタントと神のお助けをいただいて何とか大事な原稿が復元されることを祈っている。あ~ 神様、仏様 お助けください。

 さて、今日は今月1日に続いて慶應病院へ出かけた。人間ドック受診の際、相談に乗っていただいた先生から大腸の内視鏡検査も行った方が良いと勧められたからで、その際今日問診の予約を取ってもらったものである。今日は簡単に終わり、9月2日に内視鏡の検査を行うことになった。大腸の内視鏡については、昨年からかかりつけの内科医からも受診するようアドバイスされていた。とりあえず9月に検査を受けることになったので、それを待ちたいと思う。

 ところで、現在日本では日韓関係悪化が大きな話題となっているが、日本は他にも頭の痛い問題を抱えている。世界中から嫌われているトランプ・アメリカ大統領からホルムズ海峡へ自衛隊派遣を要望する、有志連合への加盟を求められていることである。アメリカの言い分は、各国に対して自国籍船護衛の応分の負担をするために関係各国に空海戦力を派遣することを求めている。昨日もアメリカのエスパー国防長官が来日して岩屋防衛大臣に有志連合加盟を促した。日本がアメリカの要望に応じて有志連合に加盟し、自衛隊を派遣することになれば、対日友好国のイランを刺激することに成り兼ねず、その反面日本は同盟国アメリカのご機嫌を損ないたくもなく熟慮中だった。かつてすったもんだの議論の末、海賊排除のためと称して憲法論議を放擲してアラビア海へ自衛隊を派遣したことがあり、それが今日に至っている。

 毎度この種の場面で、海外に自衛隊を派遣することはアラビア海の時と同様に、日本の憲法上禁じられているということをなぜアメリカに対して強く言わないのか。また、そういう正論をメディアは主張しないのか。安倍政権同様にメディアの一番弱いところだと思う。

2019年8月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : mr-kondoh.com